山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山靴の手入れ(革製登山靴)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山靴の手入れ(革製登山靴)

登山靴の手入れの仕方について説明していきます。

今回は革製登山靴の手入れ方法です。

 

登山靴手入れの基本的な考え方

登山靴の手入れ方法ってそんなに難しいものではありません。

靴の材質に限らず、「クリーニング(泥落とし)→防水処理→乾燥」という流れはどの靴も一緒です。

革製登山靴になると、クリーニングと防水処理のほかに、「保革油(ほかくゆ)」を塗る作業が加わります。

革は定期的に油分を擦りこまなければ、油分を失い劣化していきます。

革製登山靴といっても、革の表面がつるつるした「銀面」と呼ばれる革、表面がざらざらした「ヌバック」や「裏革」などがあり、手入れ方法にも若干の違いがあります。

現在では色々なメンテナンスグッズがあり、手入れのやり方も諸説あるようですが、ここでは手入れ方法の一例を紹介します。

 

手入れ方法

・ヌバック・裏革製登山靴の場合

ヌバックというのは革の表面を毛羽立てて仕上げたものを言います。

裏革は字のとおり、革の裏側ですから、ざらざらしています。

ヌバックも裏革も、ざらざらしているという共通点があります。

1 クリーニング

靴の汚れを落とします。靴底の泥や小石を落とします。先の尖ったもの(マイナスドライバー、千枚通しなど)が便利ですが、雑にやるとソールを傷つけますので気をつけます。

靴ひもははずします。靴ひもはつけっ放しで汚れたまま使用していると、登山中に切れることがあります。切れそうになっていないか点検し、汚れがひどい場合は洗濯しましょう。私は洗剤をつけ、洗面所で簡単に洗っています。

靴の中も点検しましょう。中敷きをはずし、靴の中の異物を取り除きます。常時スパッツ(ゲイター)をつけている人なら中が汚れることはほとんどないと思いますが、泥などがついていたら、濡れたウエスなどで適当に拭き取ります。

靴本体(アッパー)の汚れを落とします。汚れの度合いによりますが、比較的汚れが少ないのなら、濡れたウエスで何回か拭き取れば良いでしょう。汚れがひどい場合は、あまりじゃぶじゃぶ水がかからない程度に水道水をかけてウエスや柔らかいブラシで擦ります。たらいなどを使っても良いでしょう。

もっと丁寧に汚れを落としたい時には、専用のクリーニング剤(ニクワックス クリーニングジェル スポンジAなど)を使用します。


NIKWAX(ニクワックス) クリーニングジェル スポンジA EBE821 【洗剤】

 

2 防水

アッパー全体に防水スプレー(コロニル ワックスプルーフなど)をかけます。


Collonil(コロニル) ワックスプルーフ 250ml

 

3 保革

アッパーの革の部分に保革油を塗ります。保革油は固形タイプや液体タイプ、スプレータイプなどがあります。また、保革だけ(革に油分・栄養を補充するだけ)のタイプ(コロンブス ミンクオイルなど)もあれば、保革と防水の両方の効果があるタイプ(スノーシールやコロニル アウトドアアクティブレザーワックスなど)もあります。いずれのタイプも塗り込んだあと、表面に靴ブラシをかけて磨きます。


[コロンブス] ミンクオイル 


SNO-シールワックス3.5オンスチューブ


COLLONIL(コロニル) アウトドアアクティブレザーワックス

 

4 乾燥

ゆっくり乾燥させます。

 

・銀面革の登山靴の場合

銀面は表面がつるつるした、表革のことです。

1 クリーニング

「ヌバック、裏革製登山靴の場合 1クリーニング」やり方と同じです。

2 保革・防水

銀面の場合はミンクオイルなどの保革効果しかないワックスを塗ったあとに防水スプレーをします。

スノーシールやコロニル アウトドアアクティブレザーワックスなど保革・防水の両方の効果があるワックスを使用した場合は、ブラシで磨き上げるだけでも防水効果がでるため、更に防水スプレーをかける必要はありません。

 

3 乾燥

ゆっくり乾燥させます。

 

注意点

アッパーと靴底が糸で縫われている登山靴の例

上の写真のように、アッパーと靴底が糸で縫われている(出し縫いと呼ばれています)革製登山靴の場合、ミシン目に保革油を塗ったり、ミシン目に近い場所に保革油を大量に塗ってはいけません。アッパーとソールの連結が弱る原因になります。(以前、登山靴専門店からの指導を受けました)

なお、このコバにあるミシン目部分は新品の時、目止め剤が塗られて保護されています。目止め剤は擦れてなくなりますので、なくなったら新たに目止め剤を塗ります。

目止め剤は専用のもの(リキシームなど)が売っています。良いか悪いかは別として、私は目止めにホームセンターで買ったコ―キング用シリコンを塗っていますが、今までに特に不具合は感じたことはありません。


ELASTON(エラストン) 防水シーム剤 リキシーム 【日本正規品】

 

手入れあれこれ

革製重登山靴の昔のメンテナンス方法は、ミンクオイルや野球のグローブに塗る固形オイルをたっぷりと塗るだけでした。ミンクオイルを塗るだけでは防水効果はひと雨当たるとすぐになくなってしまいましたが、それ以外は特に不具合を感じませんでした。

現在の登山靴は保革に加え、防水という考え方が主流となりました。

今回は革製登山靴の手入れ方法の一例を上げましたが、人によっては、クリーニング→防水→保革ではなく、クリーニング→保革→防水という説もあります。どちらが良いのかを断定するのは難しく、使用するワックスや登山靴の革の状態によるのだと思います。

たぶん、どちらの方法で行っても靴に悪いということはないでしょう。

個人的に思うことですが、ヌバックや裏革製登山靴は表面が毛羽立っているので、水分がしみ込みやすいでしょうから、防水剤を革の奥までよくしみ込ませるという意味で保革の前に防水を行うのだと解釈しています。

一方で銀面革製登山靴は表面がつるつるしていて、革表面に最初から撥水性がありますから、保革・防水効果のあるワックスを塗って磨くだけで良いのだと思います。これは、普段町で履いているぴかぴかの革靴に靴ずみを塗って、保革・防水をしているのと同じ理屈だと思います。

しかし、銀面の登山靴の場合でも、使い込めばあっという間に表面は擦れてざらざらに毛羽立ってしまいます。こうなってしまったら、革表面が持っている撥水効果はもう期待できませんので、ヌバックや裏革と同じ方法で手入れすべきだと考えます。

次回はトレッキングシューズなどの布製登山靴の手入れ方法について紹介します。

登山靴に関連する記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー