山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

CATEGORY登山と遭難事故

またか?大雪山旭岳4人遭難~事故を分析

またか?大雪山旭岳4人遭難~事故を分析 H29年10月17日、日本百名山のひとつ、旭岳において、男女4名が道迷い遭難を起こし、警察や自衛隊まで出動する事態が発生しました。 北海道の最高峰、表大雪旭岳(2290m)の旭岳温泉コースは通…

幌尻岳3名溺死~遭難事故を分析する

幌尻岳3名溺死~遭難事故を分析する 8月29日、幌尻岳(2052m)を下山中のパーティーが額平川(ぬかびらがわ)四ノ沢出合付近で渡渉中、3名が溺死するという遭難事故が発生しました。 幌尻岳は日高山脈という国内屈指の危険で特殊な山域に…

最新ヒグマ対策のまとめ~対処法を知って楽しい登山

ヒグマ対策のまとめ~対処法を知って楽しい登山 ヒグマ対策としては、まずはヒグマに遭わないよう山中では常にヒグマに対するアンテナを張っているのが一番です。 ヒグマの聴覚、嗅覚は非常に鋭敏です。鈴やホイッスル、声などであらかじめ、人間の…

登山と熱中症対策!水分・塩分・糖分・ミネラルをとれ!

登山と熱中症対策!水分・塩分・糖分・ミネラルをとれ! 登山は炎天下で飲み水が限られた状態で長時間行動しなければなりませんので、熱中症のリスクが高い運動と言えます。 今回は登山の熱中症対策について説明します。 熱…

夏山遭難と低体温症~疲労凍死を防げ!

夏山遭難と低体温症~疲労凍死を防げ! 初夏と秋の登山では、中高年登山者を中心に、毎年のように低体温症による疲労凍死事故が発生しています。 今年も知床岳と十勝岳で既に犠牲者が出ています。 今回は夏山の低体温症と対策について説明し…

低体温症か!知床岳遭難死亡事故を分析する

知床岳遭難死亡事故を分析する 6月11日、知床岳と十勝岳で低体温症と見られる登山者2名が死亡しました。 夏山の低体温症(疲労凍死)は、初夏や秋の天気の悪い時に多く発生しています。 今回は知床岳と十勝岳で発生した遭難死亡事故を、…

過去の遭難に学ぶ~八甲田山雪中行軍遭難事故

過去の遭難に学ぶ~八甲田山雪中行軍遭難事故 明治35年(1902年)1月下旬、青森にある陸軍歩兵第5連隊が冬の八甲田山系(1585m)で行軍訓練中、道に迷い、210名中199名が死亡(凍死)するという山岳遭難史上最悪の事故が起こりました。…

クマよけスプレーの選び方

クマよけスプレーの選び方 雪解けシーズンは毎年のようにヒグマの目撃ニュースが報じられます。 今月、北海道標茶町で山菜取りの男性が子連れのヒグマに襲われる事故が発生しました。 登山や山菜取りで山に入る場合は、ヒグマとの接触に備え…

那須スキー場高校山岳部雪崩遭難~事故を分析する

那須スキー場高校山岳部雪崩遭難~事故を分析する 3月27日午前8時30分ころ、栃木県の那須ファミリースキー場のコース外において、登山合宿訓練中の高校生と教員が雪崩に巻き込まれ、8名が死亡、40名が重軽傷を負うという遭難事故が発生しました。…

雪崩対策!~雪崩ビーコンの選び方

雪崩対策!~雪崩ビーコンの選び方 雪崩に巻き込まれた人は一刻も早く救出しなければなりません。 雪崩遭難の生存率は埋没後15分後で92%、45分後で26%と時間が経過すると急激に生存率が下がります。 遭難者は迅速に発見し、迅速に…

さらに記事を表示する

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー