山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山パーティーは何人?パーティーの分担と役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山パーティーは何人?パーティー分担と役割

複数で登山をする場合、隊列の順序や役割分担には一定のルールがあります。

ルールというよりは、登山の長い歴史の中で、ひとつの形になっていったのだろうと思います。

今回は、登山パーティーの構成について説明します。

 

登山パーティーには「リーダー」が必ずいる

気軽に行ける山ほど、お友達同士のパーティーをよく見かけます。

何事もなく楽しく下山できれば、それでも良いのかもしれませんが、「お友達同士=リーダー不在」のパーティーは、責任のある誰かがパーティーを統制し安全を確保するよう気を配っているわけではないので、アクシデントに対応できないことが起こります。

2名以上で登山をする場合は、経験の豊富な者がリーダーとなって、下山するまでパーティーはリーダーの指示に従うのが基本です。

リーダーは体力と実力があって、ひと通りの登山の常識を身につけていなければ、メンバーからの信頼は得られません。

山に慣れていない者同士の登山では、リーダーが誰なのかわからない状態で登山をしますので、このようなグループに入って登山をする場合は難易度が一定レベル以上の山には行かないようにするのが賢明でしょう。

 

パーティーの構成と役割

登山パーティーにはリーダーを1人置きます。

メンバーの中にリーダーと同等レベルの実力者がいればサブリーダーを1人置きます。

1人のリーダーで掌握できる人数は多くても5名程度ですので、1パーティーは最大6名前後ということになります。

それ以上の人数で登山をする場合は、パーティーを複数に分けて、それぞれにリーダーを置きます。この場合、複数パーティーを総括するリーダーを1人置きます。

リーダーの役割は、山行計画、装備、メンバー構成、役割分担、気象判断、メンバーの体調管理、アクシデント発生時の措置、登山の中止や下山の判断など、パーティーに対するすべての責任を負います。

サブリーダーの役割は、ルートハンティングやペース配分など主に実働面でリーダーを補佐する役割を果たします。

パーティーのメンバーは、思考停止に陥らず、自由に意見すべきですが、登山中はリーダーが最終的に決めたことには絶対に従うことが要求されます。

登山パーティーの構成と役割は、このように一見大げさにも聞こえますが、大きなアクシデントが発生した場合には、リーダーは間違いなく刑事責任を問われますので、リーダーの権限も責任も非常に大きいということなのです。

 

隊列順序と役割

隊列の順序には特別な決まりはありませんが、どこの山岳会でも山岳部でも伝統的に同じような隊列と役割分担をしています。

5人パーティーだとして例を上げると、先頭から

  • サブリーダー
  • 1番体力のない者、
  • 2番目に体力がある者、
  • 1番体力がある者
  • リーダー

の順に歩きます。

役割ですが、サブリーダーは、ルートハンティングとペース配分、危険個所の伝達などをし、1番体力のない者にペースを合わせ、気を配りながら歩きます。

リーダーはメンバー各員の疲労度、歩くペース、休憩のタイミングなど全体を掌握しながら落伍者がでないよう指示を出します。

リーダーはメンバーの疲労度を見ながら隊列の順序を変えたり、メンバーに練習のためにルートハンティングをさせたりすることもあります。

メンバーはリーダーの指示に従い、体調が悪い時などには我慢せずに申告しなければいけません。

 なぜ、この順序が多いのかといえば、自分が隊列に入るとよくわかるのですが、先頭は道や標識を探し、その他の危険を感じながら歩かなければならないというストレスがありますので、体力があって、ルートハンティングの勘が良く、危険を察知できる者が適しています。

なので、リーダーが先頭でもかまいませんが、リーダーはメンバーの様子がリアルに見える位置がよいので最後尾になります。

リーダーが最後尾であるもうひとつの理由は隊列は後ろの人ほど他人のペースで歩かなければならず、自分のペースが乱れますので、とても疲れます。最後尾の者は最も体力があるものでなければいけません。

最も体力がないメンバーが2番目に歩く理由は、歩き慣れた先頭のサブリーダーが、体力のない2番目の人のために、ペースや足の置き場など、気を使いながら歩きますので、2番目の人はサブリーダーについて行けば良く、ストレスがかからないからです。

3番目や4番目は隊列の中間なので、自分のペースで歩くことができず、後ろの人ほど前方の状況も見えづらいのでストレスがかかります。後ろになるほど体力のある者にします。

最後尾は、遅れるとメンバーから離れてしまいますし、最後尾の者がパーティー全体のペースを指示しなければ隊列は伸びてしまって、パーティーはバラバラになりますので、実力も体力も備えたリーダーが歩くということです。

まとめ

複数で登山をする場合は、信頼のおけるリーダーと行動しましょう。

パーティーで行動するときは、隊列を崩さないようにします。

パーティーがばらばらになると、意思の疎通がとれなくなり、メンバーの状態が把握できなくなります。

パーティーは少人数でなければ統制がとれません。1パーティーは6名程度までにします。

ツアー団体ではリーダー1名で数十人を引率している例を多く見かけます。このような団体では、体力のない者、登山に不慣れな者は細やかな気配りをされない可能性が高いので参加には注意が必要です。

パーティーの安全はすべてリーダーの力量にかかっています。

経験豊富で信頼のおけるリーダーがいるパーティーで登山をするようにしましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー