山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山用GPSの選び方~専用機?スマホ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山用GPSの選び方~専用機?スマホ?

冬山や沢登り、登山道が判然としない山、視界が悪い時など、地形図を持っていてもうっかり道迷いを起こすことがあります。

今回はハンディGPSやスマホのGPS機能を比較しながら登山用GPSの選び方について説明します。

 

ハンディGPSとスマホGPS機能の長所と短所

従来、登山にGPSを使いたいなら、高価なハンディGPSを購入するしかありませんでしたが、スマホの普及と地形図アプリの登場で状況はガラリと変わりました。

単純に正確な現在地を知りたい場合、ハンディGPSとスマホではほとんど差がありません。

このように書けば、ほとんどの人はハンディGPSは買わず、スマホに地形図アプリを入れることで対応すると思いますが、それぞれに長所、短所がありますので自分の登山スタイルに合ったものを選ぶことをすすめます。

ハンディGPS~値段は高いが操作のしやすさと信頼感

ここでは、最も有名なガーミン社のハンディGPSを例にします。

ハンディGPSは電源が乾電池なので、予備電池を必要な分、持って行けばバッテリー切れを気にする必要がありません。

機種にもよりますが、バッテリーの持ちは16時間~25時間ですので、歩いた軌跡を記録するために一日中電源を入れていても電池がなくなることはありません。

夏山の縦走中などは2日に1回程度電池交換する必要があります。(冬山では電池の消耗は大きくなります)

防水性や衝撃にすごく強いというわけではありませんが、一般的なスマホにくらべればタフに使えます。

画面はスマホより小さいですが、晴れた日の日中でも輝度を少し上げるだけで画面が明るくて見やすいのが特徴です。

測位精度と受信感度は一般的なスマホよりやや優れています。

価格が20000円~60000円程度と高いところが難点ですが、スマホの地形図アプリが頑張ってくれているせいなのか、独占状態だったガーミンの価格設定はずいぶんと安くなりました。

スマホアプリの利用者は今後も増加することが考えられますので、ガーミンの値段はもっと下がるのではという期待もあります。

最近では、一部機種(etrex20xJ、etrex30xJなど)に地形図が無料でインストールできるようにもなり、18000円もする地形図ソフトを買わなくてもよくなりました。

今後も安くなるようぜひ頑張ってほしいものです。

スマホ+地形図アプリ~ほどんと無料。電池を持たせる工夫が必要

地形図アプリが無料~数百円なので、スマホさえ持っていればほどんど無料でただちにハンディGPSになります。

ハンディGPSを持たなくても良いので装備の軽量化にもなります。

アプリにもよりますが、地形図の表示は、ハンディGPSと同等で特に見づらいということはありません。

画面が大きいという点ではハンディGPSより見やすいと言えます。

一方で、スマホ画面は晴れた日の日中はとても見づらく、画面が暗すぎて輝度を上げるのにも苦労することがあります。

地形図の表示は、山では圏外の場所が多いので、携帯圏内の時にあらかじめ地形図をダウンロードさせておく必要があります。

GPS機能はスマホ自体にGPS電波の受信機能がありますので圏内、圏外関係なく使えます。

スマホの一般的な測位精度と受信感度はハンディGPSよりやや劣りますが、実用上問題のないレベルです。

機種によってはハンディGPSと同等の測位精度があります。

沢地形など電波が受信しにくい場所ではアバウトな位置しか表示しないこともありますが、ハンディGPSでも受信感度が悪い場所では誤差が出ます。

バッテリーはリチウムイオンなので、アルカリ乾電池やエネループなどのニッケル水素乾電池にくらべ、寒さには強いと言えます。

スマホは多機能ですので、設定やアプリなどの使用状態によってバッテリーの消耗が大きくなるので、登山中はWifiを停止し、省エネモードにするなど、使わない機能をすべてオフにするなどの注意が必要です。

バッテリーは容量や劣化の具合にもよりますが、必要以外の機能をすべて停止し、節電しておけば、ハンディGPSと同等かそれ以上バッテリーは持ちます。(モバイル充電器を持って行った方が無難です)

ハンディGPSにくらべ、一般的に衝撃や水濡れに弱いので、携帯方法は工夫する必要があります。



ハンディGPS選び~登山に適した機種は?

ハンディGPSはどれも登山に適していますが、必要最低限の機能があって、値段が安く、バッテリーの持ちが良いものが登山向きだと言えます。

ガーミン社から出ているものとしては、etrexシリーズが候補になると思います。

etrex10J

GARMIN(ガーミン) 登山用 ハンディ GPS eTrex 10J 【日本正規品】

  • 対応衛星 GPS、GRONASS、みちびき
  • ディスプレイ 2.2インチ白黒
  • 内蔵地図 おおまかな大陸図
  • 別売地図 不可
  • 気圧式高度計 なし
  • 電子コンパス なし
  • 電源 単3×2
  • バッテリー寿命 25時間
  • 重量 148g
  • ネット価格  日本正規品25000円程度 英語版並行輸入品13000円程度

10Jは別売りの地形図を入れることができません。

現在地は緯度経度でしかわかりませんので、あらかじめ緯度経度の線を入れた地形図で現在地を確認するとか、自分が歩いた軌跡を逆にたどって元の位置にもどるという、極めてシンプルな使い方しかできません。

この機種は下位機種なのですが、初心者には少し難しいかも知れません。

 

etrex20xJ

GARMIN(ガーミン) 登山 ハンディGPS eTrex20xJ【日本正規品】

  • 対応衛星 GPS、GRONASS、みちびき
  • ディスプレイ 2.2インチ、カラー
  • 内蔵地図 1/20万概略地図
  • 別売地図 可能(日本詳細地形図2500/25000が無償ダウンロードできる)
  • 気圧式高度計 なし
  • 電子コンパス なし
  • 電源 単3×2
  • バッテリー寿命 25時間
  • 重量 148g
  • ネット価格  日本正規品48000円程度 英語版並行輸入品33000円程度

20Jの後継機種です。電子コンパスや気圧式高度計がついていませんが、地形図が表示できるものでは一番安い機種です。

紙の地形図で読図をするには、オリエンテーリング用コンパスを別に持つ必要がありますし、高度計付き腕時計は安いもので6000円程度からあります。(高度計は腕時計タイプが使いやすい)

ハンディGPSに高度計がついている必要は必ずしもないと思いますので、この機種はおすすめです。

20xJの日本正規品は最近「日本詳細地形図2500/25000」という地形図がガーミンの公式HPから無償でインストールできるようになりました。(インストールにはパソコンが必要。なお、etrex20Jはインストールできません)

この地形図はetrex touchシリーズに内蔵されているものと同じものです。

ガーミンで出している「日本登山地形図TOPO10mplusV3(別売り18000円程度)」の方が内容は詳細だということですが、登山用の地形図としては十分だと言われていますので、別売り地形図を買う必要がなくなりました。

 

etrex30xJ

GARMIN(ガーミン) 登山 ハンディGPS eTrex30xJ【日本正規品】

  • 対応衛星 GPS、GRONASS、みちびき
  • ディスプレイ 2.2インチ、カラー
  • 内蔵地図 1/20万概略地図
  • 別売地図 可能(日本詳細地形図2500/25000が無償ダウンロードできる)
  • 気圧式高度計 あり
  • 電子コンパス あり
  • 電源 単3×2
  • バッテリー寿命 25時間
  • 重量 148g
  • ネット価格  日本正規品65000円程度 英語版並行輸入品35000円程度

30xJは20xJの機能に加え、気圧高度計、電子コンパスが付き、複数のアクセサリーに対応しています。

20xJと同じく、「日本詳細地形図2500/25000」という地形図がガーミンの公式HPから無償でインストールできるようになりました。(インストールにはパソコンが必要。なお、etrex30Jはインストールできません)

気圧式高度計付きハンディGPSがほしい方にはおすすめの機種です。

 

etrex touch25J

GARMIN(ガーミン) ハンディGPS eTrex Touch 25J カラー液晶

  • 対応衛星 GPS、GRONASS、みちびき
  • ディスプレイ 2.6インチ、カラー静電タッチパネル
  • 内蔵地図 日本詳細地形図2500/25000
  • 別売地図 可能
  • 気圧式高度計 なし
  • 電子コンパス あり
  • 電源 単3×2
  • バッテリー寿命 16時間
  • 重量 159g
  • ネット価格  日本正規品60000円程度 

etrex touchシリーズは、タッチパネルになったこと、日本詳細地形図2500/25000が最初から内蔵されているのが特徴です。

20xJや30xJにくらべ、バッテリー寿命が16時間と少なくなっています。

この機種には気圧式高度計はついていません。

 

etrex touch35J

GARMIN(ガーミン) ハンディGPS eTrex Touch 35J カラー液晶

  • 対応衛星 GPS、GRONASS、みちびき
  • ディスプレイ 2.6インチ、カラー静電タッチパネル
  • 内蔵地図 日本詳細地形図2500/25000
  • 別売地図 可能
  • 気圧式高度計 あり
  • 電子コンパス あり
  • 電源 単3×2
  • バッテリー寿命 16時間
  • 重量 159g
  • ネット価格  日本正規品65000円程度 

この機種は、25Jの機能に加え、気圧高度計がつき、対応アクセサリーが多いのが特徴です。

etrex touchシリーズは登山用として見た場合、20xJや30xJよりバッテリー寿命は短く、悪天候でのタッチパネル操作がどこまでスムーズにいくのか、やや疑問が残ります。

 

スマホ用地形図アプリ~登山に適したアプリは?

地形図アプリがたくさん出ています。

フリーソフトもたくさんありますので、気軽にいろいろ試してみて、自分が使いやすいものに決めれば良いと思います。

以下に登山用地形図アプリをいくつか紹介します。

紹介するアプリはすべて無料で(課金すれば機能が増えるものもあります)、あらかじめ地形図をダウンロードしておくことで、圏外でも地形図を表示でき、軌跡ログを取ることができます。

 

YAMAP

圏外でも使えるアウトドアGPSアプリ。

登山以外にも、ハイキング・ウォーキング・自転車など種別を選択して使える。

GPSによる位置情報と山ごとの詳細地図がある。

・課金あり

プレミアムチケットの購入(¥240~¥4800)

プレミアム会員の登録(¥5800)

地図がカラーで表示されるようになる

・GPSログを記録することができる。

活動種別(登山・ハイキング・ウォーキングなど)を選ぶことができる。

地図は常に北向き表示。

・距離ガイド機能

自分を中心に円で距離が表示される。

・カメラ機能

活動中に撮影すると活動中の軌跡上にカメラマークが表示される。

 

ヤマレコmap

登山・アウトドア用GPSとして使える地図アプリ。

予定している地図やルートなどをダウンロードしておけば、携帯電話の電波が届かない場所でもGPSで現在地を確認できます。

・課金あり

プレミアムプラン(¥4800)

登録できる山行記録数のアップ、掲載写真の容量アップ、おすすめ記録の紹介、表示広告の減少など。

・登山を開始すると、GPSログを残すことができる。

機内モードにしていても、圏外でも、空が開けていればGPSログを残せる。

・現在位置の共有

GPSログを取ることで現在位置をヤマレコに残すことができ、いまココアプリで家にいる家族などが登山者の現在位置を把握できる。

・最新の山の状況の確認

ヤマレコを使用した他の登山者の記録を確認して、現在の山の状況を確認することができる。

 

地図ロイド+山旅ロガー

あらかじめ、オンラインで地図をキャッシュしておけばオフラインでも地図を表示できます。

GPSログを取る場合、山旅ロガーをインストールしておく必要があります。

・課金あり

山旅ロガー(無償版)では、GPSログをリアルタイムに表示できません。(記録したログを呼び出せば見れます)

リアルタイム表示には、山旅ロガーGOLD(400円)を購入する必要あり。

 

ジオグラフィカ

圏外などオフラインでも使えるキャッシュ型GPSアプリ。

オンラインで画面に表示した地図をキャッシュで自動保存、オフラインでも位置情報が確認できる。

長時間でもログを記録可能。(機能制限を解除すれば無制限になる。)

・課金あり

機能制限の解除(¥960)

記録回数が無制限、表示キャッシュの容量アップ、地図の一括ダウンロードのタイル数アップ

GPSログの記録可能

・オフラインでも使用可能

画面に表示した地図は自動で保存され、圏外・山奥・海上でも動作し、地図表示とナビをしてくれます。

・一定時間ごとに喋ったりします。

画面操作をせずに情報入手が可能です。

 

まとめ

GPS専用機は操作性、見やすさ、堅ろう性ともに優れていますので、山での使いやすさはGPS専用機になると思います。

スマホは上位機種に地形図アプリを入れた場合、GPS専用機と変わらない機能を発揮します。

スマホのアプリはほとんど無料、GPS専用機はとにかく高い(昔は本体、地形図ソフト一式約10万円しました)、値段で決めると勝敗はスマホです。

ほとんどの登山者はスマホに地形図アプリを入れ、GPS専用機は値段が下がらない限り、下火になることが予想されます。

スマホとGPS専用機を比べた場合、もやはGPS専用機がスマホに勝る要素はないという意見もありますが、そもそも登山中にスマホを操作するのと、それ専用に作られたGPS専用機を操作するのとを比べると、スマホの方は操作がやや煩雑で、GPS専用機の方が操作しやすく信頼感があります。

スマホをGPSがわりに使用する場合は、バッテリーが食わないような設定を必ずすること、衝撃や水没対策をしっかりすることが必須でです。

両者の特徴を理解した上で、自分の登山スタイルに合う方を選べば良いでしょう。

スマホ、GPS専用機どちらを使用するにしても、紙の地形図、コンパス、(できれば高度計)は必ず持つようにし、機械が壊れても読図をしながら下山できる実力を普段から身につけておくことを忘れないようにしなければなりません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー