山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

高度計、登山用腕時計の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高度計、登山用腕時計の選び方

登山にGPSや地形図を持って行かない人でも、高度計があると、ある程度の現在地が把握できます。

また、地形図の読図が苦手な人には、読図の補助としても威力を発揮します。

高度計を見ながら登ると、苦しいときの励みにもなりますし、登山が楽しくなります。

今回は高度計、高度計付き腕時計の選び方について説明します。

 

高度計の必要性

山には地形図とコンパスを持って行くのが登山の基本です。

自分の位置は地形図とコンパスだけで知る事ができます。

高度計やGPSはあくまでも自分の位置を割り出すための「補助」という位置づけです。

初心者にとって、地形図を読図できるようになるのには時間がかかりますが、高度計があると位置を割り出しやすくなりますので、読図練習の補助になります。

読図が出来る人にとっては、高度計があると正確な位置を素早く知る事ができるようになります。

高度計は経験者にも初心者にも実用性の高い登山装備なのです。

最近では地形図などを一切持参しない登山者が多くなりました。

地形図を持たないことを推奨するものではありせんが、地形図やGPSがなかった場合でも、高度計は大まかな現在地を推測するのにも役立ちます。

万一、道迷いを起こした場合でも、高度計があると自分の居場所の標高を通報することができますので、救助する側の捜索範囲はずいぶんと絞られることになります。



高度計の選び方と使い方

高度計の原理は?

ほとんどの登山用高度計は気圧を検知して高度を測定しています。つまり、高度計と気圧計はまったく同じものなのです。

高度が上がるほど気圧は下がりますが、気圧と高度の関係は正比例しておりません。

標高3000mまでは1hpaあたり、高度は概ね8m~10mの間で変化します。覚えづらいので1hpa=約10mと覚えてもいいでしょう。

校正が必要です

気圧は常に変化しますので、登山前に高度計を校正する必要があります。

校正を行うためには、あらかじめ、自宅の標高(海抜)や登山口の標高を確認しておくこと必要です。

登山中も高度計の示す値には気をつけなければいけません。

気圧が安定している時には登山中に高度を校正することはありませんが、低気圧の接近などで気圧が変化している最中は、標高がわかる場所で小まめに高度計を校正する必要があります。

気圧計としての役割も

高度計は気圧の変動がわかりますので、天気の予測にも役立ちます。

例えば、登山前に校正した高度計の数字が、標高がはっきりわかる場所(頂上など)で実際より高く表示された場合は気圧が下がってきているということです。

登山中、標高がはっきりしている場所を通過するときは、高度計の値を確かめると良いでしょう。

高度計の種類

高度計には、デジタル式とアナログ式があります。

アナログ式は携帯型しかありませんが、デジタル式は携帯型と高度計付き腕時計があります。

携帯型アナログ式高度計

ビクセン 高度計 アナログ 気圧計付き

アナログ式高度計は電源がいりませんので、半永久的に使用できます。登山をしない時は部屋に飾っておくと気圧の変動がとてもわかりやすい気圧計として活躍します。

値段が手ごろなのも魅力です。

このタイプのほとんどの高度計は目盛の内側が気圧(hpa)、外側が高度(m)になっています。

高度の校正のしかたは簡単で、本体外側の環を回せば高度目盛も一緒に動くという、ごくシンプルな作りです。

高度計付き腕時計がでるまではこのタイプの高度計ばかりでした。

難点があるとすれば、目盛間隔が20mなのでアバウトな高度しかわからないこと、高度を確認したい時にポーチなどからいちいち取りだす必要があることです。

また、行動中にポーチの中で高度目盛が動いてしまう場合がありますので、登山口での標高と気圧をメモしておくなどの工夫が必要になります。

携帯型デジタル式高度計

デジタルコンパス Tinypony 登山コンパス デジタル高度計 携帯気圧計 夜間使用可能

デジタル式はアナログ式と違い、勝手に高度目盛が動いてしまう心配がなく、高度も数字で出ますのでわかりやすいというところです。

価格も手ごろです。

デジタル式の多くは、高度以外にも時計、コンパス機能、温度計などがついています。

難点があるとすれば、電池が切れたら使えないというところでしょう。

 

高度計付き腕時計(電波時計、ソーラー電池)

CASIO 腕時計 PROTREK Slim Line Series ソーラーモデル PRW-3100-1JF

 

電波時計じゃない安いプロトレック

Casio 腕時計 PROTREK ソーラーウォッチ PRG-270-1JF

高度計付き腕時計はデジタル式高度計の良さに加えて、登山中、リアルタイムで高度を確認できることです。携帯型のようにいちいち取りだす必要がありません。

紹介しているものはカシオのプロトレックシリーズですが、上のRPW-3100は高度計、コンパス機能、気温が測定でき、10気圧防水、電波時計で電源はソーラー式ですので登山中のバッテリー切れや時刻整合の心配もいりません。

プロトレックは筆者も使用していますが高度計機能はとても正確です。高度の校正も簡単で、わずらわしい操作はありません。

登山家は大概プロトレックをしています。

難点は値段が高いというところですが、プロトレックシリーズでも下のRPG-270のようにソーラー式で電波時計じゃないものはネットなら20000円前後で手に入ります。

高度計機能はグレードが低いものでも劣りませんので、電波時計機能がいらないなら、安いものがおすすめです。

コンパス機能もけっこう正確です。本物のコンパスの代わりにはなりませんが、簡易的に方位を知るのには使えます。

なお、温度計は腕にはめてると体温が伝わって正しい外気温は測定できません。

アメリカ製ラドウエザー

ラドウェザー LAD WEATHER lad020アメリカ製センサー搭載

 

カシオスポーツギア

CASIO 腕時計 SPORTSGEAR  SGW-300H-1AJF

プロトレックにこだわらなければ、カシオのスポーツギアや、アメリカ製のラドウエザーはかなり安く出ています。

どちらも高度計機能内蔵で、電波時計機能なし、電池式です。

ラドウエザーの方は広告も大げさで少し怪しさを感じますが、けっこう人気はあるようで、高度計、コンパス、歩数計、5気圧防水など機能が多彩です。

スポーツギアの方は高度計と温度計機能があり、10気圧防水で、高度は5m刻みですが、5m刻みでも実用上まったく問題はありません。

機能はシンプルですが、日本製なので安心です。

まとめ

実用性を考えると登山用には高度計付き腕時計が非常に便利で使いやすいです。

とりあえず、高度計を使って見たいのなら値段の安い携帯型になると思います。

また、最近ではスマホに高度計センサーがついたものやハンディGPSに高度計がついているものもあります。

高度計があると登山が楽しくなりますし、地形図を持って行くきっかけにもなると思います。

読図ができようになると自信もつきます。

登山をするなら、地形図、コンパス、高度計はそろえるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー