山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

地形図の実戦的使用法1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は登山と地形図の3回目。

コンパスと地形図の実戦的使用法について書いていきます。

真北と磁北

まず最初に、地形図はすべて真上が真北であることを覚えておいて下さい。

即ち地形図に南北に引いた垂線(経線、子午線などと言う)の真上は北極点の方向であり真下は南極点の方向なのです。

真北のことを「まきた、しんぽく、トゥルーノース(T.N)、真方位(しんほうい)0°」などと呼びます。

そして、コンパスの示す北は磁北と言い「じほく、マグネットノース(M.N)、磁針方位0°」などと呼びます。

ここで問題なのは、真北と磁北は一致していないということなのです。

コンパスの示す北は真北ではありません。

真北と磁北は具体的にどのくらい差があるかといいますと、地球上の位置によってその差は違いますが、日本付近だと、コンパスの示す北は真北よりも西に約4°~9°を指します。

この真北と磁北の差のことを偏角または偏差と呼び、日本国内でも地方によって偏角が異なります。

この偏角の表し方を日本付近では「西偏○度」いう言い方をし、地形図には必ず小さい字で偏角が書かれています。

参考までに、

北海道付近 西偏約9°
東北付近  西偏約8°
日本アルプス付近 西偏約7.5°
関東付近  西偏約7°
中国・四国付近 西偏約7°
九州付近  西偏約6.5°
沖縄付近  西偏約4°

となっています。

なお、山で使用するほとんどのコンパスの方位環は1°単位まで正確に刻まれていませんし、山頂などの物標の方位を計測する場合もプロの測量のように精密に行えませんので、前述書いたように、だいたいの偏角を覚えておけば実務上まったく問題はありません。

ちなみに、磁北は毎年僅かに西に移動しています。

40年前と現在では1°くらい違います。

このほか、偏角には異常磁気というものがあって、特定の場所が周囲の偏角と異なる場合があります。

詳しく知りたい場合は国土地理院のHPで確認することをおすすめします。

 

地形図とコンパスの使い方

実際の地形図とコンパスの使い方について説明していきます。

言うまでもありませんがコンパスを使う時はコンパスの近くに鉄製品がある場合、針に影響が出てしまいます。

そしてコンパスはなるべく水平に保持して下さい。

最初の作業として地形図に磁北線を記入します。

図1偏角記入

例は北海道付近とします。

北海道付近の偏角は西偏9°です。

図1にあるようなコンパスはオリエンテーリング用コンパスといって定規とコンパスが一体物になっていて、コンパスの方位環を手で回すことができます。

(SILVAやSUUNTO製などがあります。コンパスの中はオイルで満たされているものは針の動きがスムーズ。定規に距離目盛も付いていて使いやすい。写真の物はSILVA製で30年使用していますがまだ現役です)

図のように方位環を回し、目盛をN(0°)から9°西側(351°)に合わせます。

次にコンパスの円内の南北線を地形図の南北線と平行に合わせます。

例では地形図に経線(子午線)が記入されてないので地形図の端を利用しています。

このコンパスの円内には複数の赤い南北線があり作図に便利です。

このように南北線を合わせたら定規は磁北(西偏9°、真方位351°)を向きますので鉛筆で磁北線を記入します。

図2偏角記入

磁北線を1本引けば、図2のように定規を利用すると平行線が簡単に引けるので何本も磁北線を引きます。

磁北線はコンパスの直径くらいの間隔に引けば地形図上のどの位置でも後々作図がしやすくなります。

なお、写真のようなオリエンテーリング用コンパスがない場合は分度器と定規を駆使しても良いですし、パソコンとプリンターがあれば地形図ソフト(カシミール3Dなど)に磁北線を表示させて地形図を印刷しても良いでしょう。

例)視界不良で下山路がわからなくなった時。

視界不良時に、火山灰質のような山で登山道が判然としない場合、踏み跡が複数あって正しい道がわからないといったことは初心者じゃなくてもよく起こります。

図3下山方向改

図3のように札内岳山頂から下山しようとしたが、ガスがかかり視界が効かなくなったとしましょう。

この時、明瞭な踏み跡が図のように3本あったと仮定します。

遭難事故の中には、うっかり進む方向を間違えて遭難するケース(道迷い)が大変多く、遭難原因の1位になっています。

確信が持てなかったら地形図とコンパスを使用して下さい。

図4正しい道を計測改

まず地形図を確認します。

現在地が札内岳山頂だとわかっていれば、正しい道が西方向だということがわかります。

この例の場合は地形図とコンパスを見ただけで略西方向に進めばよいことがわかるので、実際に地形図にコンパスを当てて方位を求めることはないと思いますが、ここでは練習のため正確な方位と進行方向を出してみます。

まず、図4のようにコンパスの定規を正しい道と平行に重ねます。

この例では定規にある赤い平行線と正しい道を重ねています。

次にコンパスの方位環を回し、コンパス円内の南北線と地形図の磁北線を平行に合わせます。

そして、定規中央の平行線とコンパスの目盛を読み取ります。正しい道の方向は磁針方位285°であることがわかります。

図5磁北を合わせる改

次に、方位環はそのまま動かさないで、コンパスを自分の正面持ち、コンパスの針がN(0°)を向くまで体を回転させます。

針がN(0°)を指した時、定規の中央の矢印は正しい道の方向である磁針方位285°を指します。

この時自分の真正面が正しい進行方向であることがわかります。

 

道迷い防止にコンパス

私は実際に視界の悪い頂上からの下山時に何度も道を間違えたことがあります。

何かおかしいなと思ったら、そのまま進むのではなく、現在地がわかる場所まで引き返して地形図、コンパスを使用して正しい進行方向を確認することがとても重要です。

このように視界不良時にコンパスで進行方向を確認することはコンパスの使用法で一番多いのではないかと思います。

道迷い防止にはとても有効な方法なので登山を始める方には必ず覚えてほしい登山技術のひとつです。

次回は現在地がわからなくなった場合のコンパスと地形図の使用法を説明します。

看板(下)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー