山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

日本百名山の光と影~増える遭難を分析!

トムラウシ

日本百名山ブーム以降、このブームには様々なことが言われています。

今や登山をしない人を含め、日本百名山という言葉を知らない人はいないでしょう。

今回は日本百名山ブームと山岳遭難の関わりについて分析してみます。

 

百名山に選ばれた山

私が本格的に登山を始めた昭和60年ころは、日本百名山という本があることを知っていても作者が深田久弥だとか、北海道内でどの山が百名山になっているのか?なんて知っている人はほとんどいませんでした。


高校の山岳部にも高体連地区予選、インターハイなどの大会があって、その中にはペーパー試験もあり、日本百名山に関する問題も何回か出題された関係で、その時初めて日本百名山というものを知りました。

そして日本百名山を知った瞬間からすぐさま疑問が生まれました。

それは日本百名山の中に北海道内の山は九座しか紹介されていないという事です。

いや、もっといい山たくさんあるのに・・なぜ?

と感じたものです。

しかし謎はすぐに解けました。

それは深田久弥の北海道滞在日数の関係で、色々な山域を回れなかっただけという、それだけのことで、日本百名山から漏れてしまった秀峰がたくさんあるということを当時、山岳関係者から聞きました。

ですので、日本百名山に載っている山は間違いなく名山には違いないと思いますが、学生当時から、登る山が日本百名山かどうかは特に意識することはなく、特別こだわるものでもないという認識でした。

私にとってはむしろ、日本百名山から漏れた秀峰は未だに登山客が少なく、昔のままひっそりと鎮座していることは本当にうれしいことでもあります。

深田久弥さんが北海道の山をたくさん登ってくれなかったことにむしろ感謝しているぐらいです。

しかしその逆もあり、昔はよく登っていた雌阿寒岳や斜里岳(いずれも日本百名山)が百名山ブーム以降、登山客の多さから、気軽に近づけない山になってしまったことは、少々残念なことでもあります。

ひっそりと山歩きを楽しみたい派の登山者から見れば、日本百名山ブームは微妙な存在だったりします。



百名山ハンティング

登山スタイルとはこうでなくてはいけないというものではなく、人それぞれの楽しみ方があります。

百名山ハンティングも登山スタイルのひとつです。

百名山ハンターの中には、実力があって、良識やマナーを持った人もいれば、いつまでも登山の基本が身につかないままの人もいるようです。

登山の基本を学んでいない登山客と営利目的優先のツアー会社の相乗効果による信じられないような山岳事故が度々発生しています。

台風や低気圧の接近中で発生した平成11年9月の後方羊蹄山、平成14年7月と平成21年7月のトムラウシ山での遭難死亡事故では、ツアー会社が業務上過失致死で立件されていますし、平成21年7月のトムラウシでは、ツアー登山中のパーティーから8名もの犠牲者を出し、(ほかに単独行登山者1名が亡くなっています)ツアー会社が強制捜査を受けるなど、百名山ブームと登山ツアーのあり方が社会問題となりました。

この事件以来、ツアー会社も徐々に安全重視の姿勢に変化してきたと思われ、ひと頃よりは常識をはずれた重大事故は減ったように思います。

平成14年7月に発生したトムラウシの死亡事故では、事故直後、遭難者の遺体の脇を平然と通過して行く百名山ハンター達のモラルの低さが一部で問題視されることもありました。

 

登山ブームと登山技術

平成元年ころから、過去に例を見ない中高年登山ブームが起こり、メディアや業者の宣伝に乗って、登山の基本を身につけてない登山者が自分の実力に見合わない山に出かけ、道迷いなどの初歩的なミスや、重大事故を起こしたりするケースが年々増加し、殊に近年は遭難件数の急増がまったく収まる気配がありません。

また、登山技術の向上よりも百名山を登ることだけを目的とするあまり、気象判断よりも休暇やツアーの日程を優先し、短期間に何座も踏破するような強行スケジュールをこなそうとする傾向が少なくないことも問題です。

このような登山者達は年齢のわりに感心するほどすごい体力の持ち主が多かったりします。

しかし、体力だけで登れる登山は、天気が良くて道が明瞭な場合や、ツアーガイドに頼りきりの場合などです。

登山をするきっかけは日本百名山でも山ガールブームでもなんでも良いのですが、どこかの時点で自立した登山を目指す気持ちが芽生えない限り、登山の実力、総合力は身に付きません。

山では、事故があっても助けてくれる人や通報してくれる人が必ずいるとは限りません。下山するまでは一切は自己責任です。

つまり「自己完結能力」がどれだけあるのかが問われます。

気軽に登れる低山でも遭難死亡事故は起きます。

決して山をなめてはいけません。

登山人口が増えれば、それに比例して事故も増加してしまうのは仕方のないことです。

しかし、近年の遭難事故や、山で出会う様々な登山者を見ていると、登山人口の増加に比例して事故も多くなるから仕方がないというより、明らかに登山の基礎を知らない人の割合が増えているんじゃないかと個人的に感じています。

仮にそうだとしたら、そこが問題点と言わざるを得ないので、私の思い違いか、本当にそうなのかをできるだけ数字を上げて検証、推測してみることにしました。

 

全国の山岳遭難の発生件数

まず、警察庁で出している警察白書から全国の山岳遭難の発生件数について社会背景と比較しながら件数の変動が顕著な年などを抽出してみました。

図1

この統計から推測できるものについて述べたいと思います。

遭難者数は昭和50年代から平成5年にかけては、多くても800名前後で、大きな変動が少ないのに、NHKの「日本百名山」が放送された平成6年以降現在まで、右肩上がりに増加しているのがわかります。

平成24年以降は3年連続で遭難者が200~300名増加していて、社会背景など原因は不明ですが、登山ブームが加速していることは間違いないと言えます。

ここからわかることがあります。

昭和60年ころまでは、全遭難者に占める無事救出の割合が半数以下だったのに対し、平成元年以降は全遭難者に占める無事救出の割合が約半数に上がっていることです。

一見、無事救出の割合が増えているんだから良いような感じにも受け取れますが、このことは何を意味しているのか?

更に、統計を調べていくと見えてくるものがあります。

 

平成27年の山岳遭難

最新の平成27年の山岳遭難について更に詳しく見ていくと、

年齢別の遭難状況について、

1位 60代   26%
2位 70代   20%
3位 50代   13%
4位 40代 12.2%
5位 30代  9.1%
6位 20代  7.5%
7位 20未満 6.6%
8位 80代    5%
9位 90代  0.5%

60代がトップで、60代以上が全体の約半数です。

遭難の態様別の状況については、

1位 道迷い 39.5%
2位 滑落  16.5%
3位 転倒  15.3%
4位 疲労   5.7%
5位 転落   3.5%

そのほかは、悪天、動物襲撃、落石、雪崩、落雷などとなっています。

遭難は道迷いが全体の約40%とだんとつに多く、次いで滑落、転倒が遭難の3大原因になっています。

 

山岳遭難の態様別内訳

遭難の態様別の死亡・行方不明、負傷、無事救出の内訳については警察庁の警察白書には記載がないので、山岳遭難ワースト3の長野県警、富山県警、北海道警が出している平成27年の山岳遭難の統計を調べました。

長野県の山岳遭難

山岳遭難(長野1)

各項目上位3つは以下のとおりです。

山岳遭難(長野2)

富山県の山岳遭難

山岳遭難(富山1)

各項目上位3つは以下のとおりです。

山岳遭難(富山2)

北海道の山岳遭難

山岳遭難(北海道1)

各項目上位3つは以下のとおりです。

山岳遭難(北海道 2)

3道県ともに死亡原因は滑落・転落が多く、負傷は転倒が多く、無事救出は道迷いが多くなっています。

更に、無事救出の中で道迷いは3県とも約半数を占めていて、道迷いした人のほとんどは無事救出されています。

また、遭難者で山岳会などの組織に入っていない未組織登山者は長野県で80.3%、富山県で80.8%となっています。

全国の遭難者に占める無事救出の割合は約40%で、無事救出に占める道迷いの割合はワースト3県の統計から約半数であることが推測されます。

遭難の性格上、道迷いは登山に不慣れな初心者が陥りやすいものだと思います。

このように、遭難全体に占める無事救出の割合が昔より高くなった背景には、初心者が道迷いを起こしていることが推測されます。

ではこの初心者とはどんな登山者なのか?推測してみます。



登山初心者

中高年登山ブームの最初の火つけ役がなんだったのかは不明ですが、日本の登山の歴史について、ウィキペディアによれば、

1980年代、山岳部や山岳会が衰退し始め、また、登山者に占める中高年者の割合が増え始めた。若い世代が山登りを3Kというイメージで捉えて敬遠するようになり、育児が一段落した世代が山登りを趣味とし始め、仕事をリタイアした世代が若い頃に登った山に戻り始めたことが理由であると考えられる。これに健康志向と日本百名山ブームが輪をかけ、2010年現在に至っている。                                                                                                                            wikipedia

とあります。

要するに、

「中高年登山ブームは、1980年代(昭和の終わりごろ)から山岳部、山岳会が衰退を始め、育児が一段落したり、仕事をリタイヤした中高年世代が若いころに登った山に戻り始め、健康志向と百名山ブームと相まって中高年登山者の割合が増えた。」

という説明です。

私の知る限り、中高年登山ブームが始まったとされる昭和の終わりころの中高年登山者達は、現在の中高年登山者に比べると、圧倒的に実力者が多かったように思います。

また、この時代は昭和30年代からバリバリ山岳会で活動していた人達が指導的な立場となり、現役で登っていました。

昭和30年代と言えば登山の装備は重たく、登山口までのアプローチも長く、さらに登山道の未整備な山も多く、半端な実力では山には入れない時代です。

つまり昭和の終わりころの中高年登山者は、現在に比べるとベテランの割合が多く、そのような登山者が道迷いなどの初歩的なミスを起こすとは考えにくいと思います。

ウィキペディアでいう「若いころに登った山に戻り始めた世代」というのは、このようなベテラン中高年登山者を指すものではなく、若いころに山をちょっと経験した人達か、中高年になってから急に山に目覚めた人達を指すのだと思います。

実際に昭和63年ころ、日本百名山のひとつである斜里岳で、今までに見た事のないような中高年ばかりの初心者と思われる団体に出合ったのを思い出します。

この団体さんは、今まで見てきた中高年登山者とは雰囲気が異なり、誰がリーダーなのかもよくわからないような集団で統制もとれていませんでした。

「この人達、大丈夫なのか?」と感じたのをよく覚えてます。

現在のように、全員が中高年という団体さんは、ほとんど見かけることはありませんでした。

団体といえば社会人山岳会が一般市民を対象に募集登山を行っている様子はよく見ましたが、それは山岳会の屈強な会員達が多数加わって参加者をサポートしながら統制のとれた登山を行っていました。

 

平成元年の警察白書の解説の中にこう書かれています。

「登山人口が増えるに従い、登山の知識や経験に乏しい登山者も増加してきている。年少者や60歳以上の高年齢者の遭難が多発したほか、技術の未熟による転落、滑落事故や、事前の準備不足による道迷い、行方不明事案等、基本的な心構えに欠いた遭難が目立った。遭難したパーティーの84.8%が山岳会に加入していなかった」

私が当時、大丈夫なのか?と感じた中高年登山者は警察白書の解説に書かれているような登山者達だったのでしょう。

道迷いを起こす登山初心者とは、このような中高年登山者たちを指す場合が多いのではないかと推測します。

中高年ばかりとは限りませんが、以降そのような登山者が増えていって、現在に至っていると考えられます。

 

まとめ

遭難者の中には日本百名山に影響されて登山を始めたと思われる人が多いこと。

遭難者の多くは60代以上の中高年登山者であること。

遭難者の多くは山岳会に入っていないこと。

遭難者で無事救出される人は道迷いが多いこと。

遭難者の負傷事故は転倒が多いこと。

遭難者の死亡原因は滑落、転落、病気が多いこと。

全員がそうではありませんが、遭難者の傾向として、60代以上が多く、山岳会に未加入で、登山技術が未熟で、道に迷いやすい。

数字からはこんな登山者の姿が浮かび上がります。

このような登山者は実績のあるきちんとした山岳会に入り、登山の基本を学ぶ、実力のあるリーダーやガイドと一緒に行動する。

地形図、コンパス、高度計、GPSなどを使いこなせるようにする。

天候や体調に気をつけ、実力以上の山には登らない。

これだけで遭難件数はかなり減ることでしょう。

看板(下)



プロフィール

フリーライター。元船員。
学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。
以来、北海道の山をオールシーズン、単独行にこだわり続け30年。
現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのライター。



カテゴリー