山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

過去の遭難に学ぶ-札内川十の沢大雪崩事故

札内川十の沢大雪崩事故~特異な遭難事故を振り返る

過去に起こった特異な山岳遭難を検証していきます。

今回は昭和40年(1965年)3月14日、日高山脈札内川十の沢で発生した、大雪崩によって北大生6名が犠牲となった遭難事故を振り返ります。




事故の概要

北大山岳部員6名は昭和40年3月11日~3月24日(行動9日、予備日5日)の間、札内川十の沢~カムイエクウチカウシ山~エサオマントッタベツ岳~カムイ岳~幌尻岳~トッタベツ川縦走の予定で入山しました。

メンバーは、

  • 沢田義一さん(4年生・リーダー)
  • 中川昭三さん(4年生)
  • 橋本甲午さん(4年生)
  • 松井作頼さん(1年生)
  • 坂井丈寛さん(1年生)
  • 田中康子さん(1年生)

の6名です。

3月13日 入山して3日目、パーティーは札内川十の沢出合い付近に雪洞を掘った。田中さんのメモでは3月13日は降雪が多かったとなっている。

3月14日 午前2時ころ雪崩が発生、デブリ(なだれた雪のかたまり)が雪洞の入口から進入して雪洞内を埋め、沢田リーダー以外のメンバーは即死状態となった。沢田リーダーは口の周りに隙間があったおかげで、即死はまぬがれた。その後沢田リーダーは、約4日間ナタを使って穴を掘り進め、地上に出ようと試みる。

3月17日 沢田リーダーは地形図の裏に事故の顛末と遺書を書き残し、力尽きた。

3月26日 先発捜索隊が出発。

3月29日 第1次捜索隊が出発。

5月14日 第2次捜索隊出発、いずれも手がかりなし。

6月 1日 第3次捜索開始。

6月13日 雪洞と沢田リーダーの遺体発見。

6月17日 残る5遺体発見。

6月18日 遺体の搬送が困難だったため、6遺体は現場で荼毘にふされる。

 

事故現場の地形図と雪崩の様子

この大雪崩は大雪によって札内岳分岐付近の国境稜線に発達した雪庇が崩壊し、面発生型の巨大な表層雪崩を誘発したものと推定されています。

十の沢付近のデブリは、幅約100m、深さ約10mに達し、沢を完全に埋めていました。

北大低温科学研究所の調査では、この雪崩は国内最大級であり、総延長約3km、雪崩の量は約40万トンで、雪崩の爆風によって高い場所では80mの高さにある樹木をなぎ倒していたといいます。

この雪崩の規模を表すポテンシャルマグニチュード(雪崩の位置エネルギーと質量で算出される雪崩のエネルギー)はM9.5で、これは過去最大だった大正7年の新潟県三俣村で発生した大雪崩(M7.9)の約50倍の破壊力であり、常識を超えた大雪崩であったとのことです。

遺体発見時の状況

沢田リーダーの遺体は雪面から深さ約1mの雪の穴の中で発見され、外傷、骨折などはなく、死因は凍死でした。

付近にはナタ、懐中電灯、非常食、きちんとたたまれた寝袋、エアーマットがあり、胸ポケットには、地形図2枚に書かれた遺書入っており、水濡れしないようポリ袋に納められていました。

沢田リーダーの発見位置の約1m下には寝袋に入ったまま横1列に並んだメンバー5名の遺体が発見されました。

5名ともに窒息死であり、胸部は圧迫され腹部は陥没していました。

雪洞は天井が破壊され、発見されたストーブのノズルが曲がっていたことなどから、雪洞に進入してきた雪崩に圧力のすごさが想像できます。

沢田リーダーの遺書の全文は当時、新聞などで大きく報じられ、日本中に衝撃を与えました。

非常に悲惨な事故ですが、事故の教訓やリーダーの責任感など、語り継がれなければならない内容だと思いますので、全文を掲載したいと思います。

沢田リーダーの手記(全文)-札内川大雪崩事故

 

雪洞を掘った位置は適切だったのか

北大山岳部では伝統的に沢を詰めて尾根に登る沢詰め方式をとっていたようです。

沢筋は雪崩のリスクもありますが、尾根歩きよりも楽で危険が少ないという理由です。

経験のあるリーダーが雪崩の状況に注意しながら沢を詰めるということになりますが、十の沢では過去に事故が起きていないということから、この場所に雪洞を掘ったようです。

また、雪洞は沢から約15mほど上がったテラス状の地形に作られており、万一、沢に雪崩が襲っても大丈夫なように安全策をとっていました。

この雪崩が常識を超える規模だったことを考えると、事故は不可抗力であったという見方が妥当ではないかと考えます。

 

事故当時の天気図

事故発生5時間前の昭和40年3月13日午後9時の天気図を見てみます。

北海道南岸に発達した低気圧が通過中です。天気図からは北海道付近は北東または東寄りの強風が吹いていたと思われ、北海道太平洋岸や日高では風雪が強かったのではないかと推測します。

3月13日、十の沢で沢田パーティーの雪洞を目撃した北大山スキー部パーティーの話では3月13日から14日にかけては無風で降雪が多かったということです。(北大山スキー部の目撃情報が沢田パーティー発見の決め手となっています)

また、この年の春の日高の積雪は例年より多かったという証言があり、尾根筋でも腰まで雪に埋まるほどで、雪庇は大きいもので40mも張りだしている場所もあったといいます。

 

雪崩の恐さを知る

雪山のルートを決める時は、過去に雪崩が発生していない場所を選ぶのが基本ですが、基本どおりの行動をしていても、雪崩の発生は予測がつきにくく、十分に安全策をとっていたとしても、時には想定外の場所にも到達するということをこの事故は教えてくれています。

事故発生後、仲間を失いながらもひとり暗い雪の下で脱出を試みながら、冷静に状況を書き記した沢田リーダー。

沢田パーティーの遺品(日高山脈山岳センター)

北海道中札内村ピョウタンの滝にひっそりと建つ日高山脈山岳センターの展示室には、発見された沢田パーティーの遺品や遺書のコピーなどが展示されています。

事故は風化していない。令和、当時の関係者は十の沢を訪れている

令和2年8月、筆者は札内川八ノ沢出合で、やや古めかしい服装で、入念に地形図をチェックしている老紳士に出会いました。

この方は、十の沢の事故で亡くなられた友人のためにひとりで慰霊登山に来たとのことで、「もう来れるかどうかわからないので、今のうちに行っておこうと思いまして・・。」と言いながら、ゆっくりとした足取りで十の沢方面へと向かわれました。

事故の関係者がまだ現役で、奥深い十の沢を訪れていることに深い感銘を受け、事故から半世紀以上過ぎた令和の現代でも、十の沢の事故は決して昔話などではないのだとあらためて思いました。

R2.8 札内川八ノ沢出合から上流を望む。ここまでの道のりは3~4時間。ここから十ノ沢へは更に数時間を要する。






プロフィール

フリーライター。元船員、航海士。
学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。
以来、北海道の山をオールシーズン、単独行にこだわり続け35年。
現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのライター。

※他サイトにおいて元山岳部部長を名乗る個人・団体が存在しますが、それらは当サイトとは一切関係ありませんのでご了承ください。



カテゴリー