山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

遭難対策~雪崩遭難!対策の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遭難対策~雪崩遭難!対策の仕方

雪崩遭難についての2回目です。今回は、雪崩の予測の仕方や雪崩に遭ってしまった場合の対処法などについて説明します。

1回目の「遭難対策~雪崩はどんな時に起きるか」はこちらです。

 

言い伝えによる雪崩の常識は本当なのか?

日本の雪崩研究はヨーロッパに比べると遅れていると言われています。

太い木が生えている場所は安全」、「気温が低い午前中までは雪崩が起きにくい」、「大雪が降ったあとはすぐに入山しない」など、先輩達から教わった雪崩を避けるための教訓や言い伝えがあります。

雪崩学の専門書を読めば、雪山で雪崩の危険がない場所は、ほとんどないということがわかります。

言い伝えは部分的に合っているとまでしか言えず、全面的に信じて雪山に入山するのは危険です。

これらの言い伝えと雪崩学の研究を照らし合わせながら、書き進めて行きます。



雪崩発生の予測の仕方

前回記事で説明したように雪崩には上の表のような形態があります。

それぞれの雪崩の形態別に、予測の仕方について説明します。

1 ある程度予測がしやすい点発生型表層雪崩と全層雪崩

・点発生型表層雪崩

点発生型表層雪崩は傾斜のきつい斜面で起こりやすく、ある一点の雪が崩れ、周囲の雪を巻き込みながら雪崩れるものです。

このタイプの雪崩には乾いた雪で発生もの、大粒のあられで発生するもの、湿った雪で発生するものの3つの種類があります。

乾いた雪で発生するタイプは風が弱い時に、舞い降りるように降り積もった雪は、雪同士の連結が弱いので一定以上の積雪があると点発生型表層雪崩を起こします。

大粒のあられで発生するタイプは、あられ同士の連結が弱いので、これも一定以上の積雪があると点発生型表層雪崩を起こします。

湿った雪で発生するタイプは、まとまった雪が降ったあとに、日射、急激な気温上昇、雨が降るなどで積雪が水分を含んだざらめ雪に変化し、点発生型表層雪崩を起こします。

降雪後に雪が湿り雪に変化したかどうかを知る方法のひとつに、小さな雪玉が自然に斜面を転がるスノーボール現象があります。

スノーボールが発生していれば、乾いていた積雪が日射などで湿気を含んだことになります。

湿気を含んだかどうかを知る方法としては、斜面に雪玉を投げてみる方法があります。

雪玉を投げてみて、すぐに止まれば雪は湿気を含んでいないということがわかります。

雪玉が、雪だるまのように転げ落ちていけば、湿気を含んでいることがわかりますので、危険な斜面だと判断できます。

言い伝えによる「大雪が降ったあとはすぐに入山しない」は点発生型表層雪崩のどのタイプにも当てはまりそうです。

「気温が低い午前中までは雪崩が起きにくい」については、湿った雪で発生するタイプの雪崩を避けるためには当てはまります。

点発生型表層雪崩のまとめ

 弱風時に降雪があった時

 大粒のあられが降った時

 降雪後に日射や温度上昇があった時(スノーボールが発生していれば危険)

・全層雪崩

全層雪崩は地面から上の積雪がすべて雪崩れるタイプの雪崩です。

春の気温上昇で雨や雪解け水が積雪の下層に浸透して、地面付近が滑りやすくなり雪崩が起こるものと、初冬に湿ったドカ雪が降ると笹や低い木が雪の重みで寝てしまい、地面付近が滑りやすい状態になり雪崩が起こるものの二つのタイプがあります。

全層雪崩は、いずれのタイプも同様の前兆現象があり、雪崩斜面の上部に「雪割れ」という亀裂が発生していたり、雪崩斜面の下部がしわのようにうねった「雪しわ」が見られますので、予測がしやすいと言われています。

全層雪崩のまとめ

・雪崩斜面の上部に雪割れ、下部に雪しわが発生している。

2 予測が難しい面発生型表層雪崩には弱層テスト

面発生型表層雪崩は一般的に積雪の層に「弱層」と呼ばれるもろい層があることによって、上層の積雪が滑りだすために発生するものがほとんどだと言われています。

ほかに、日射や雨で溶けたあとに凍結して硬くなった雪面(サンクラスト、レインクラストという)の上にまとまった降雪があり、下層と上層の結合が弱いために上層が滑りだすタイプもあります。

面発生型表層雪崩は雪崩を引き起こす弱層の存在が見た目ではわかりませんので、予測することが困難です。

そこで、弱層の有無を知る方法として「弱層テスト」というのがあります。

弱層テストは必ずしも雪崩を予測できるものではありませんが、弱層の有無や弱層の強度を判別することができます。

何種類かのやり方がありますが、一番簡単な「ハンドテスト」の方法について説明します。

・弱層のハンドテストのやり方

まず、雪面に直径約40cmの円柱を手で掘り、雪が硬くなったらスコップを使ってさらに掘り、高さ約70cmの円柱を掘りだします。

次に、円柱の上部を両手で抱え込んで、手前に円柱を引きます。

弱層があれば、円柱は弱層面から刃物で切ったようにすっぱりと折れます。

上部が折れなければ、順次下に移動して円柱を引き、弱層を探します。

円柱は、手首だけの力で折れれば、かなり弱い弱層で、抱え込んで体重を乗せてやっと折れれば、その弱層は雪崩の危険は少ないと判断します。

弱層テストは、危険地帯を通過する前などに行いますが、面倒でも、斜面や雪質が変わるごとに行うことが有効であるとされています。

 

雪崩発生斜面の角度、雪崩の到達斜面の角度

欧州の調査では、雪崩が発生する斜面の角度は、斜度とともに発生の危険は大きくなり、38度~40度までの斜面が一番雪崩の危険が大きいというデータがあります。

斜度は40度をこえると、積雪は小規模雪崩を頻繁に繰り返すため危険が少なくなるといいます。

雪崩は、自分のいる場所が安全地帯でも、その上部に危険地帯があれば雪崩に巻き込まれる危険があります。

発生した雪崩が斜面を下って到達する角度は、表層雪崩で約18度、全層雪崩で約24度とされています。

すなわち、自分のいる場所の斜面が18度であれば、上部で発生した表層雪崩に巻き込まれる可能性があるということです。

山では18度未満の場所はほとんどありませんので、雪山のほとんどの場所では雪崩に遭遇する危険があると言えます。

「太い木が生えている場所は安全」という言い伝えがありますが、太い木が生えていても18度以上の斜面では雪崩が到達する可能性がありますので、この言い伝えは全面的に信じてはいけないということになります。

 

雪崩に遭わないためのルート取り

18度以上の斜面では雪崩が到達する可能性があるから危険だというと、雪山は登れなくなります。

実際の雪山では、なるべく雪崩のリスクが少ない場所を選んで登ることになります。

「太い木が生えている場所は安全」という言い伝えは絶対安全ではないということがわかりましたが、雪山でルートハンティングをする時は、木がまったく生えていない斜面や、樹齢の若い木しか生えていない斜面は、毎年のように雪崩が通過している雪崩斜面であると思わなければなりません。

また、雪崩は一般的に尾根地形より沢地形の方が発生しやすいと言われています。

これらのことを念頭に、自分の歩くルートが雪崩を発生しやすい場所なのか、あるいは上部に雪崩が発生しやすい場所がないのかどうかを見極めながらルートを決めることにことになります。

上の図はルート取りの考え方の一例です。

沢地形よりも、尾根上を歩く、木の生えていない場所よりも、樹林帯を歩く、上部に雪崩斜面がない場所を歩くという原則に従うと、図上では一般的にこのようなルートを取ることになります。

図では、向かって右の山頂を目指そうとしていますが、Aルートは沢地形を横切ることになります。

Bルートは樹林帯を歩こうとしていますが、ルートのすぐ上部には木のない雪崩斜面があります。

Cルートは樹林帯に沿って歩き、沢地形を避け、雪崩斜面を遠ざけていますので、この図の中では一番安全なルート取りだと言えます。

実際の雪山では上記に加え、天気や気温、雪質、数日前からの積雪状況、弱層テストなど様々な要素を総合的に判断してルートを決めることになります。

 

自分が雪崩に巻き込まれたら

雪崩は、爆風を伴って太い木をなぎ倒しながら猛スピードで通過するものもあり、巻きこまれてしまったら何もできない場合がある思いますが、万一雪崩に巻き込まれてしまったときは、生還することを諦めずに冷静に行動しなければなりません。

雪崩に巻きこまれてしまった場合にするべき行動は次のとおりです。

・雪崩に遭遇した場所が雪崩の発生点だったら発生点の上部へ必死に逃げる。

・雪崩に流されてしまったら、泳ぎながら、埋没しないように上へ上へ浮上するよう必死にもがく。

・雪崩は、走路の中央部より外側の方が速度が遅く、また、木や岩のある周辺では速度が遅くなるので、なるべく雪崩の外側に移動するか、木や岩の周辺に移動するようにもがく。

・ザック、ストックなどは雪崩が止まったあとに抵抗になって脱出を困難にするので放棄する。

・雪で窒息しないよう、手で顔を覆い、雪と顔の間に隙間を作る。

・雪崩が止まったあのデブリ(雪崩の堆積地帯)は急速に雪がコンクリートのように硬くなり、身動きができなくなるので、その前に呼吸が出来るよう顔の周りに隙間を確保する。

なお、雪山では、テントごと雪崩に埋められたときはテントを切り裂かなければ脱出が困難になるため、行動中、就寝中問わず、常時小型ナイフ(スイスアーミーなど)を携帯します。

 

仲間が雪崩に巻き込まれたら

1 生存率

仲間が雪崩に巻き込まれたら、救助を要請することよりも先に自分が仲間を捜索し、救出することを優先します。

欧州で調査した、雪崩に埋められた場合の経過時間と生存率のデータがありますが、

・埋没から15分後の生存率は約93%

・埋没から30分後の生存率は約40%

・埋没から45分後の生存率は約26%

・埋没から130分後の生存率は約3%

データからは、埋没から45分後まで、生存率が急速に落ちる傾向にあります。

遭難者は急いで掘り起こさなければならず、救助を呼ぶひまはありません。

なお、45分以降の生存者は口の周りに呼吸ができる隙間がある場合と推定されています。

2 遭難現場での救助の方法

仲間が雪崩に遭ったら、まず遭難者が雪崩に巻き込まれた場所を記憶します。そして遭難者を見失わないようにします。

次に遭難者が流されながら見えなくなった場所をよく記憶しておきます。

遭難者は雪崩に巻き込まれた場所(遭難点)と流されながら見えなくなった場所(消失点)を結んだ延長線上のデブリの中にいる可能性が高いと言われていますので、雪崩がおさまったら、遭難点と消失点に目印を立て、おおよその埋没位置を予測します。

ストックなど遭難者の装備品が発見された場合、軽い物は上層に、重いものは下層に埋没する傾向にあります。

遭難者はこれらの発見された装備品の延長上の下層に埋没している可能性があります。

このようにして、概ねの埋没位置を推測したあと、遭難者も捜索者も雪崩ビーコンを持っていれば遭難者の位置を特定できます。

また、ゾンデ(プローブ)と呼ばれる雪崩捜索用の長い棒があれば、推定される埋没位置の雪面に刺して、遭難者の埋没位置を捜索します。

ゾンデの先が遭難者に当たることで、埋没位置がピンポイントでわかりますので、雪崩ビーコンとゾンデを併用するとさらに効果的です。

埋没位置がわかったら、デブリを掘ることになりますが、スコップがないと非常に効率が悪く、1立方メートルのデブリを掘るのにスキー板と手で掘ると約40分かかりますが、スコップを使用すれば、わずか8分で掘ることができます。

雪山では必ずスコップを携帯するようにしなければなりません。

3 雪崩ビーコンの有効性

雪崩ビーコンにはアナログ式、デジタル式、アナログ・デジタル切り替え式があり、機種にもよりますが、受信範囲が40m~80mほどで、埋没者を数分で探し当てることが出来ると言われています。現在はデジタル式が多く普及しています。

アナログ式は受信感度は良いですが、取り扱いに習熟していなければならず、デジタル式は受信感度は落ちますが取り扱いが簡単です。

雪崩ビーコンはゾンデを使用して捜索するのとは雲泥の差があり、一刻を争う雪崩遭難の救出には欠かせない装備です。

雪崩ビーコンは持っていればよいのではなく、普段から雪崩ビーコンを使用した捜索訓練をつんでおく必要があります。

 

 参考文献:「山と渓谷社 最新雪崩学入門 北海道雪崩事故防止研究会編」「山と渓谷社 雪崩リスクマネジメント ブルース・トレンバー著)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー