山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

冬山の滑落事故・止まらないアイスバーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山の滑落事故・止まらないアイスバーン

厳冬期もピークは過ぎ、これから段々と雪も緩んで来る季節となりました。

とは言っても山はまだまだ手ごわい冬山です。標高の高い場所や、南斜面は雪面がクラストやアイスバーンを形成するので、注意して通過しなければなりません。

今季も全国で冬山での滑落事故が複数起きています。

今回は筆者が体験した冬山での滑落事故について解説していきます。

 

登山訓練中、まさかの事故

滑落現場の地形図

平成19年3月上旬、南日高山系に入るための最終調整と訓練のため、フル装備(全荷)で樽前山(1041m)に行きました。

樽前山は最終除雪地点から尾根取り付きまでの林道アプローチが2時間程度で冬山の訓練、体力維持にはちょうど良い山です。

地形が平坦な場所が多く、視界が悪いと道迷いを起こすこともありますが、冬山にチャレンジしたい初心者にとっても比較的登りやすい山です。

林道は山スキーにシールをつけて1時間半、尾根取り付きにスキーをデポし、アイゼンに履きかえました。

尾根は南斜面なので、日中の日差しで雪面が僅かに溶けては凍ることを繰り返します。いわゆるサンクラストからアイスバーン状態になっていたので取り付きからアイゼンが必要でした。

本番は2泊3日の山行を予定していので、本番同様のパッキングを行い、ザックの重量は約30kgでした。

登り出しからアイゼンがよく効き、尾根を直登しながら順調に外輪山に出ました。

ザックが軽く感じました。体力には余裕があり、順調な仕上がりだという証拠です。これで本番を迎えられると確信し、樽前山の外輪にある樽前山神社の奥宮という祠に安全登山を祈願し下山をはじめました。

もと来た南斜面を下りはじめてすぐに斜度が約40°ほどの一番急な場所にさしかかった時、気が緩んでいた私は斜面でバランスを崩し、尻もちをついてしまいました。

すぐに持っていたピッケルで滑落停止動作に入ろうとしましたが、仰向けに倒れた体はザックの重みで頭が谷を向き、そのまま滑り出しました。

大きいザックを背負っていると、ひっくり返った亀と同じで、何もできません。体をうつ伏せに戻そうとしましたが、ザックの重みでなかなか戻らない。

やっと体を回転させうつ伏せになると、滑落していく行く前方に立ち木が見えます。当たったらひとたまりもない。

ピッケルのピックを雪面に刺すと、頭は山側を向く。急いで、ピックを刺すとセオリーどおり頭は山側に戻りました。

今度はピックを胸の前の雪面に刺して停止しようとする。しかし、その時にはもう何をしても止められないスピートになっていました。

滑落停止訓練ではいつも空身か軽いサブザックを背負った状態だったから簡単に止まれました。しかし、全荷を背負って滑落停止訓練はやったことがありませんでした。しかも滑落したのはアイスバーンです。

ピックは突き刺したままでしたが、うつ伏せの滑落停止姿勢のまま落下スピードはどんどん速くなりました。

障害物にぶつからなければ助かるかもしれない。落ちながら運を天に任せるしかなく、祈りながら落ちて行きました。

その時不運が襲いました。膝から下を上に跳ねあげていた足がゆるみ、右足のアイゼンの出歯が2回ほど雪面に当たりました。その瞬間、右足首に激痛が走りました。

自力で下山できないとわかるような痛みでしたが、足首に何が起きたのか理解できません。

そのまま猛スピードで滑落し、気がついたらスピードが緩み止まっていました。尾根取り付きまで落ちたようでした。

滑落は10秒間くらいでしたが、あとで地形図で確認したら落差は130mもありました。

命は助かった。

立とうとしましたが、足首の激痛で崩れ落ちました。

仕方なくザックをおろし、ザックを引きずりながら四つん這いでスキーデポ地点まで雪上を這う。

スキーデポ地点には一緒に来た仲間が待っていました。仲間は救助を要請したほうがいいという。

私はストックがあればゆっくりでもなんとか歩けると思い、スキーで即席のソリを作ってザックを乗せ、ソリは仲間に引いてもらい、激痛をこらえながら片足で下山しました。

帰宅し、登山靴を脱ごうとしても容易に靴が脱げないほど足首が腫れ上がっていました。すぐに病院に行きましたが、結果はくるぶしが折れ、アキレス腱が切れていました。

どうやら猛スピードで滑落中にアイゼンの出歯がアイスバーンに当たったとき、足首が曲がってはいけない角度にまがってしまい、アキレス腱が瞬時に切れ、くるぶしが折れたようでした。

滑落中のスピードは体感で時速40km/hかそれ以上だったのではないかと思います。

履いていたプラスチックブーツや、セミワンタッチアイゼンに破損はなく、まったく無傷でした。

足は壊れても道具は壊れない。登山装備は本当に丈夫なものです。

滑落停止動作は雪質の状況に左右される

一般的な滑落停止動作

この図は一般的によく知られている滑落停止動作です。

滑落停止動作には数種類あり、雪質が柔らかい時などはピッケルを使わなくても、両足を伸ばして靴のエッジだけでブレーキをかけられることもあります。しかし、どのような方法でもスピードが乗ってしまう前に止まらなければ何をしても止まりません。

今回紹介した事故は、アイスバーンで滑落しスピートが乗ってしまった時の失敗例ですが、滑落したら、どんな方法でも良いので、まず加速を止めることを考えなければ取り返しのつかないことになります。

アイスバーンでは絶対に転んではいけないという大前提はありますが、訓練も十分に積まなくてはいけません。

滑落停止訓練は安全を十分確保したうえで行い、色々な雪質や全装備状態での滑落など、様々な条件で訓練しておくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー