山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

過去の遭難に学ぶ-カムエク八の沢カールヒグマ襲撃事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カムイエクウチカウシ山八の沢カールヒグマ襲撃事件~特異な遭難事故を振り返る

過去に起こった特異な山岳遭難を検証していきます。

今回は昭和45年7月25日~27日、日高カムイエクウチカウシ山、八の沢カールにおいて福岡大学ワンダーフォーゲル同好会5名がヒグマの襲撃に遭い、3名が犠牲となった遭難事故を振り返ります。

 

事故の概要

この遭難事故は当時新聞などで大きく報道され、テレビでは特別番組が放送されるなど全国に衝撃を与えました。

事故の概要について順を追って説明します。

 

福岡大ワンゲル同好会の山行計画は、

芽室岳~北戸蔦別岳~幌尻岳~七ツ沼カール~エサオマントッタベツ岳~春別岳~札内川九の沢カール~カムイエクウチカウシ山~ペテガリ岳下山

の予定で、北から南へ日高山脈の半分以上を縦走するという長大な計画でした。

メンバーは、

リーダー竹末一敏さん(3年生)、Aさん(3年生)、興梠(こおろぎ)盛男さん(2年生)、Bさん(1年生)、河原吉孝さん(1年生)の5人パーティーでした。(AさんとBさんは生存者です)

 

7月14日

福岡大パーティーは御影に到着、芽室岳に入山、縦走開始。

7月25日

午後3時30分、カムイエクウチカウシ山の北側にある九の沢カールに幕営。

午後4時30分、テントから6~7mの場所にヒグマが出没。メンバーはテントの中から興味本位で観察していたが、クマはテントの外に置いてあったキスリング(木綿製の大型ザック)をあさり出した。メンバーはクマの隙を見て、ザックを回収しテントの中に入れた。この後、たき火を燃やし、ラジオの音量を上げるなどをしたが、

午後9時、再びクマが現れクマはテントに穴を開けた。パーティーは2名ずつ交代で見張りを立てて一夜を過ごす。

7月26日

午前4時30分、出発の準備をし、荷物のパッキングが終わりかけていた時、またクマが出没。メンバーはテントに避難したが、クマはテントを揺するなどした。メンバーはテントが倒されないようポールを押さえていたが、もうダメだと判断しクマのいる方とは反対側のテントの入口(当時の標準的な三角型テントは入口が2か所あった)を開け、1900m峰の方に向かって全員一斉に脱出し、稜線へ避難した。その後クマはテントを倒し、キスリングをあさっていた。

竹末リーダーはAさんと河原さんに営林署に行きハンターを要請するよう命じた。Aさんと河原さんは下山途中で北海学園大学のパーティーと出会い、ハンター要請の件を依頼したあと、メンバーと合流するために引き返した。

午後1時、Aさんと河原さんはメンバーと合流した。テントを修繕し、カムエクと1900m峰の中間の稜線にテントを設営した。

午後4時30分、夕食が終わったころ、またクマが現れる。竹末リーダーは興梠さん、河原さんに八の沢カールにいる鳥取大パーティーに宿泊を依頼するよう命じた。

クマが立ち去らないので、残る3名は鳥取大のテントに向かうことにした。途中稜線で興梠さん、河原さんと合流、カムエク方向へ向かった。

時間は午後6時を過ぎていたため、八の沢カールに下りるための通常ルートでは時間がかかり、夜になってしまうのでカムエクの100m下の付近から八の沢カールを目指すことにする

稜線を下って約60mのはい松の中で河原さんが追ってきたクマに襲われた。その後、興梠さんが行方不明となる。辺りはガスが濃くなる。

午後8時、竹末リーダー、Aさん、Bさんはの3名は岩陰に避難し一夜を過ごす。

興梠さんは鳥取大のテントにたどり着くが、テントには誰もいず、その後クマの襲撃を受ける。残されていたメモには翌27日までの記載があった。

7月27日

午前8時、竹末リーダー、Aさん、Bさんの3名はカールに下りる途中で、クマに遭遇。竹末リーダーはクマを押しのけた後、クマに追われながらカールの方へ逃げて行く。

午後6時、AさんとBさんは下山し、警察に通報する。

7月28日

捜索隊出発

7月29日

午後2時45分、八の沢カールの北側のガレ場で竹末リーダーと河原さんの遺体を発見。

午後4時30分、ハンター10名の一斉射撃によりヒグマ射殺。

7月30日

興梠さんの遺体発見。

7月31日

午後5時、天候が悪く遺体の搬送ができないため、3遺体は八の沢カールで荼毘にふされる。

 

遺体の状況

発見された3遺体はいずれも、クマに咬まれる、引きづられるなど損傷がひどく頸動脈などの損傷によって失血死したものとみられています。

 

射殺されたヒグマ

射殺されたヒグマは3歳半の雌、体毛はクリーム色(金毛)で体長はさほど大きい個体ではありませんでした。

胃の内容物から人体の一部は発見できなかったので、このクマは人間を襲撃し、もてあそんだのみで、食肉が目的ではなかったと推定されています。

このヒグマの行動を見ると、登山者のザックには食料がある、登山者は恐くないなどの意思が感じられます。

「登山者=ザックを持っている=食料がある」という関連づけがされてしまった、いわゆる「寄り付きグマ」の典型のように感じます。

ヒグマは通常、人間を恐れますので、人間の気配を感じるとヒグマの方から避けてくれます。

「寄り付きグマ」は人間がクマの生息域に食料を捨てたりすることなどで、人間の食料の味を覚えてしまい、人間を恐れなくなり寄り付くようになってしまったクマです。

日高山脈のような、登山者が極端に少ない奥深い場所でも、このような「寄り付きグマ」が発生することがあるのだと、事件は教えています。

学生を襲ったヒグマの剥製

射殺されたヒグマはその後、剥製となり、現在、中札内村の日高山脈山岳センターに展示されています。

(展示されている剥製はハンターの一斉射撃で毛皮がぼろぼろになり、つなぎ合わせて作った結果、実際の大きさより小さくなってしまったとセンターの職員が話していました。)

 

事故現場の地形図

福岡大パーティーの逃走経路やヒグマの襲撃現場をおおまかに地形図に表しました。新聞記事などから読み取れる範囲で作図していますので、正確ではない所があると思いますのが、ご了承ください。

青線は福岡大パーティーがヒグマに遭遇した後の移動経路です。

赤枠は襲撃現場です。実際には約7回に渡りヒグマの襲撃を受けているようですが、襲撃場所を大きく3か所に分けました。

①は九の沢で幕営中、最初に襲撃されたと思われる場所です。

②は稜線に避難し、テントを張った後に襲撃を受けたと思われる場所です。1900m峰とカムエクの中間付近とされていますので、概ねこの範囲だと思います。

③は鳥取大テントに助けを求めて移動中に襲撃を受けたと思われる場所です。カムエク手前100m下から八の沢カールへ下りたとされています。

2遺体は八の沢カールの北側ガレ場で発見されていますので、③の範囲内で発見されてたのではないかと思います。

 

事故が教えたもの

八の沢カール全景(カムエクから見下ろす)

この事故は福岡大パーティーだけに焦点が当てられていますが、同じ時にカムエク周辺では複数のパーティーが入山しています。

北海学園大パーティーは福岡大パーティーが最初にヒグマに襲われる前日に春別岳(九の沢カールの北側の稜線)付近でヒグマに襲われ、ザックを放棄するなどして緊急下山をし事なきを得ていますが、このヒグマは福岡大パーティーを襲ったヒグマと同一個体ではないかと見られています。

この特異な事件は全国に大きく報道され、

・ヒグマは一度触れたものを自分の所有物と思い、それを取り返せばヒグマは自分のものを奪われたと認識し、執拗に追ってくること

・ヒグマに遭遇した時、背を向けて逃げると襲いかかってくること

・たき火や大音量は襲ってくるヒグマに対しては撃退効果がないこと

などに代表されるヒグマの習性が、登山者や多くの一般市民が知るきっかけとなりました。

今でこそ登山者の常識となっていますが、ヒグマと遭遇した場合の一般的な対処法は3名が犠牲となったこの事件が契機となっていることを忘れてはいけません。

※ヒグマの対処法について詳しくは、登山と要注意動物(ヒグマ編1)登山と要注意動物(ヒグマ編2)に掲載しています。

 

慰霊碑

八の沢カールにある慰霊碑

火葬の際、ハンターが7発の弔砲を撃ち、無線で帯広警察署外勤司令室に「ただ今から火をつける」と伝えた後、遺族から「・・・安らかに眠りなさい」との言葉がありました。

捜索隊長は、「さあ、風は南に変わった。興梠君、河原君、竹末君よ、南へ吹くこの風に乗って遠い九州の博多へ帰りたまえ。そして安らかに眠って下さい。」

と弔辞を述べたと言います。

八の沢カールには事件の慰霊碑があり、荼毘をしたとされる3枚の大きな平たい岩には、40年以上経過した今でもその痕跡をうかがい知ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー