山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山とヒグマ対策1~ヒグマの習性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クマ

北海道にはヒグマが生息しています。

山での危険と言えばほとんどの人がヒグマの存在をあげます。

そこで今回はヒグマについて書いていきます。

 

ヒグマと登山と山菜採り

実際にヒグマによる死亡事故は起きているので注意しなければならない動物のひとつです。

しかし、本当にヒグマは一般に認知されているほど危険で恐ろしく事故件数が多いのだろうか?

自分の知る限りでは北海道の山で登山中にヒグマに襲われ死亡した例は昭和45年に中部日高カムイエクウチカウシ山で大学生3名が犠牲となった事件以後起きていないと記憶しています。

ヒグマに襲われ死亡するケースは山菜取りの最中など登山以外のものが圧倒的に多く、登山者が襲われることは極まれなこと。

なぜ、登山者が襲われにくいのかはよくわかりませんが、私が思うに山菜取りのために山に入る人などは登山者に比べ絶対数が多いことから、登山者と比較するとヒグマに関する知識に乏しい人が多いと思われ、また、山菜取りなどに夢中になり、ヒグマの気配や痕跡に気づかず、結果としてヒグマに異常接近してしまい被害にあってしまうのではないかと推測しています。

 

ヒグマの生態

ヒグマの生態については何冊も文献を読みましたが、未だに謎が多くこうすればヒグマの被害に遭わないという決定的なものはありません。

ただ、複数の文献を読んで共通しているのは、

・ヒグマはとても知能が高く、嗅覚が鋭く、体の割に器用で敏捷性があって足も速い。

・木登りが得意で、火を恐がらない、好奇心が強い。

・暑がりなので気温が低い朝夕やガスがかかっている寒い日などに活発に行動する。

・雑食だが木の実や草などを主に食べ、基本的に他の動物を襲って肉を食べることはほとんどない。

 

また、一度自分が触ったものは自分の所有物と認識し、奪われれば執拗に追いまわし取り戻そうとする習性や、背を向けて走って逃げるものを追いかける習性などが知られています。

 

登山者がほとんど襲われていない理由として、登山者がヒグマの糞、独特の獣臭、足跡(足跡を見るのは稀)などヒグマの痕跡を察知し、登山を中止するかルートを変更するか前進せずに様子を見るかしながらヒグマの存在を気にしていることや、ホイッスルなどの音響で人間の存在を早めに知らせ、ヒグマに逃げたり隠れたりする猶予を与えてることなど、ヒグマに対し注意を払う行動をとっている登山者がそれなりにいると思われるので、事故がほとんど起こっていないのではないかと個人的に思っています。

 

子連れのヒグマと若グマ

ヒグマの中でも私が一番恐れるのは子連れのヒグマ親ばなれした3歳くらいの若グマ

子熊がいると必ず近くに母グマがいると言われています。

母グマはこちらに敵意がなくても子を守ろうとする本能で人間を襲ってくる可能性があるといいます。

子グマはぴーぴーと犬のように鼻を鳴らすような声を出すらしい。

山でそのような声を近くで聞いたら要注意です。

また、若グマ(年齢は前足の幅でわかり、オスの3歳クマの前足の幅は15cm前後という)は人間の若者と一緒で経験値が浅いので、時にやんちゃな行動に出ると言われており、ヒグマの事故はこの若グマが起こしているものが多いと言われています。

実際、カムエクの死亡事故も若グマが起こしています。

大きなヒグマは長く生きている分だけ経験値が豊富で、知能も高いゆえに人間の行動パターンを理解しているとも言われ、人間が気づくよりもずっと前に人間の接近に気づき、逃げるか、音をたてずにじっと隠れて人間をやり過ごしていると言われてます。

 

何度かニアミスした

ところで、自分はヒグマに直接出会ったことは一度もありません。

が、
ニアミスと思われるものは何回かあります。

一度は笹やぶを滑り降りるようなバサバサバサーっという連続音を近くで聞いたこと。(鹿がぴょんぴょん跳ねる音とは明らかに違いました)

それから登山道で真新しい糞を一日に10個以上も見た事があります。

ヒグマも登山道を歩くらしく、おそらくヒグマのすぐ後をついて歩いていたと思われます。

そのほか、登山中にそれとわかる獣臭がすることはヒグマの密度が高い山ではよくあることで、もしかしたらさっきまでいたのか?って思うことは普通にあるものです。

いつかは姿を見てみたいものです(もちろん遠くからね)。

 

次回は私が行っているヒグマとの接触防止策と接触してしまった時の対処法を紹介したいと思います。

看板(下)

平成28年6月

関連記事 

ヒグマ対策

最新ヒグマ対策のまとめ

クマよけスプレーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー