山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

手作りハッカ油スプレーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作りハッカ油スプレーの作り方

登山中の虫よけグッズで、重宝されているハッカ油スプレー。

市販品を買ってもいいのですが、使用頻度が高い人には安上がりな手作りがおすすめです。

ドラッグストアーで、ハッカ油の原液、無水エタノール、精製水、100均でスプレー容器を買えば簡単に作れます。

今回はお得なハッカ油スプレーの作り方について説明します。

 

まずは材料をそろえる

「ハッカ油」、「無水エタノール」、「精製水」を用意します。

ドラッグストアーで全部そろいます。

ハッカ油P 20ml

 

無水エタノールP 500ml

【第3類医薬品】精製水Pワンタッチ式キャップ PB 500mL

 

意外に大切なボトル選び

100均のガラス製スプレーボトル

 

100均でスプレーボトルを用意します。

スプレーボトル選びは注意が必要です。

ハッカ油はポリスチレンを溶かしてしまいます。といってもポリスチレンってよくわかりませんので、誰にでもわかるガラス容器にしましょう。

大きさは、手のひらに収まるくらいが登山には邪魔にならないですし、使用頻度にもよりますが、満タンにして行けば、数日の縦走でもなくなってしまうことはありません。

もうひとつ注意があります。

せっかくガラス製のスプレーボトルを買ったのに、容器をきちんと締めても液が漏れてくるものがあります。

これは、実際にハッカ油を入れて逆さまにしたり、振ってみたり、登山に携帯してみないとわかりません。

スプレーのプッシュの動きが悪いものもあります。

100均に限らず、スプレーボトルには不良品がけっこうあります。

100均なら何種類か買い替えても財布は痛くありません。信頼性のあるスプレーボトルを探しましょう。



ハッカ油スプレーの調合

調合割合は、

「ハッカ油20滴前後」、「無水エタノール10ml」、「精製水90ml」が基本になります。

これで100mlのハッカ油スプレーができます。

スプレーボトルの容量はせいぜい10ml~30ml程度ですので、スプレーボトルの中で直接混合する場合は容器の大きさに応じて量を決めて下さい。

(例えば、ボトル30mlに換算すると、ハッカ油6滴、無水エタノール3ml、精製水27mlになります)

混合の順序ですが、無水エタノールにハッカ油を適量たらしてよく撹拌します。(ハッカ油の口は1滴ずつ垂れるようになっています)

次に精製水を加え、さらに撹拌し、よく混ざったら出来上がりです。

口は1滴ずつ入れられるようになっている。

 

ハッカ油の濃度はそれぞれの肌の強さや好みで調整します。

上記の割合では登山の虫よけとしては、少々薄いと思います。

濃度は濃いほど虫よけ効果は絶大ですが、濃すぎると肌がひりひりします。

登山では成分が汗でどんどん流れてしまいますので、少々ひりひりする程度の方が実戦的です。

人にもよりますが、上記の濃度の2~3倍が適当です。(30mlスプレーボトルだと、ハッカ油10滴から20滴程度)

濃度が濃すぎてひりひりする場合は、服や帽子にスプレーしても十分虫よけになります。

私は薄めずに原液を使うこともあります。

原液は効果絶大ですが、結構ひりひりします。

自分に合った黄金比を見つけて使用して下さい。

 

作り方あれこれ

めんどうなら、精製水を使わず、水道水でも作れます。しかし、精製水の方がベターでしょう。

無水アルコールがないときは、キッチン用アルコールを使用したこともあります。

キッチン用アルコールで作ると分離しやすいです。使用前にスプレーボトルをよく振れば使えます。

私の場合、ハッカ油、キッチン用アルコール、水道水でも、肌に悪影響もなく、虫よけ効果も変わらないので、めんどうな時はこんな適当な作り方をしています。

 

肩コリ、お風呂、ゴキブリ除けにも

登山中にハッカ油を肩や首にスプレーすると、ザックによる肩コリにじんわり効いて気持ちいいです。

また、蒸し暑い日に、浴槽に数回スプレーして入浴すると、湯あがりがさっぱりしますし、リラクゼーションにもなります。

さらに、窓枠やゴキブリのとおりそうな場所にスプレーしておくと、ゴキブリや不快害虫に対して忌避効果があります。

天然成分なので、ペットなどにもやさしいです。

このように、ハッカ油にはいろいろと使い道があります。

 

使用するときの注意

登山に携帯する時は、万一の液漏れに備え、小さいジップロックに入れましょう。

口がゆるんだりして大惨事になっている仲間を何人も見ています。

念のためにジップロックに入れよう

 

また、長期間使用しなかったときは、エタノールや水が揮発して、ハッカ油の濃度が濃くなっていることがあります。

見た目がドロッとしていたら、濃度が濃くなっていますので、エタノールや水を適量足します。

虫に関連する記事

登山と虫よけ~やぶ蚊とブヨ対策

登山とスズメバチ対策

登山とダニ(マダニ)対策~スプレーか?服装か?

登山とダニ対策と感染症~ダニ媒介脳炎とは?

登山とキタキツネ対策~恐ろしいエキノコックス症



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー