山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山の汗冷え対策。ファイントラックのレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山の汗冷え対策。ファイントラックのレビュー

登山では季節を問わず、大量の汗を吸った衣類の汗冷えが問題となります。

汗冷えは気持ち悪いどころか、体温を効率よく奪い、ひどい場合は低体温症の原因にもなります。

夏場でさえ、汗冷えの処理は難しいのに、冬山や春山での汗冷えのコントロールは特に難しい問題です。

今回は登山の汗冷え対策のカギとなる「肌着(ベースレイヤー)」について説明します。

 

進化を続けるポリエステルシャツ

登山で着る肌着は、昔は木綿のランニングシャツ、網シャツ、Tシャツでしたが、木綿は一旦濡れると乾きが遅く、保温性がほとんどありませんので、現在ではまったく着用されなくなりました。

木綿のシャツの代わりに登場したのがポリエステルシャツです。

ポリエステルは吸水、速乾性が良いのであらゆるスポーツウエアに使用されるようになりました。

初期のポリエステルシャツは吸水、速乾性が良いだけで、保温性はありませんでした。

しかし、ポリエステルも加工の仕方で保温性を持たせることができるようになり、現在では吸水、速乾、保温性が備わったシャツ(モンベル ジオラインやウイックロンなど)が登山の主流となりました。

個人的には、ジオラインなどの高機能シャツの登場で、登山の汗冷え問題はほぼ収束したものと満足していたところですが、最近になってファイントラックに代表される「ドライレイヤー」というジャンルのシャツが出てきました。

ドライレイヤーはかいた汗を外に逃がし、汗が直接肌に触れないようにするという不思議なシャツで、吸水、速乾、保温性のある肌着の下や中間着の下に着用するものです。

こういう商品が出ると、節約生活してでも、ついつい手にいれて試したくなるものです。

 

「ベースレイヤー単独」と「ベースレイヤー+ドライレイヤー」の使用感を比較

ベースレイヤー単独では

モンベルジオラインL.W.Tシャツ

ベースレイヤーはモンベルジオラインL.W.Tシャツです。

モンベルジオラインL.W.Tシャツは、ポリエステル100%で、吸水、速乾、保温性を持たせた肌着(ベースレイヤー)です。

地肌に直接ジオラインを着用し、その上にはウールの中間着を着て、天気のいい3月の雪山を歩いてみました。

盛んに汗をかいている時は、背中が汗で濡れ、気持ち悪くなります。

休憩時は若干の汗冷えはするものの、ヤッケをはおれば問題なく保温できました。

下山中も特に汗冷えを感じることはなく、登山口に到着し、帰り仕度をしている間に汗はほとんど乾いてしまいました。

このシャツは吸水、速乾、保温性に優れていて、写真のように裏地が若干、起毛しています。

この一見なんでもない起毛が温かくて肌触りも良くしています。

やや透けるくらい薄いシャツなのに、普通のスポーツ用メッシュTシャツとは保温性がぜんぜん違います。

夏山用に買ったのですが、中間着の合わせ方によっては春山やちょっと寒い時期の肌着としても優秀です。

また、汗をかいた時に発する化繊特有の変な臭いは、化学繊維の割にはあまりしません。比較的防臭性は良い方です。

 

ドライレイヤー+ベースレイヤーでは

ファイントラックスキンメッシュ

ウールの長袖中間着の下にジオラインL.W.Tシャツ、その下にファイントラックのドライレイヤー「スキンメッシュ」を着用してみました。

このシャツはジオラインL.W.Tシャツと同じく、ポリエステル100%ですが、撥水加工がしてあり、かいた汗を外に逃がし、逆流してこないから、汗冷えしないというものです。

ジオラインを合わせた理由は、ファイントラックのドライレイヤーは汗を外に逃がすだけなので、上に吸水、速乾、保温性のある肌着を着ることで、ドライレイヤーの外に出てきた汗を吸い上げるという考え方です。このことは、シャツの取説にもそうするように書いてあります。

さて、使用感ですが、体温が上がり、汗をかき始めても不思議と背中が汗で気持ち悪くなりません。

そして、盛んに汗をかいても汗を吸い上げて逆流してこないためか、肌に接する面はほとんど汗濡れを感じないからとても不思議な感じです。

風のある場所で立ち止ったときは、スキンメッシュの外側に水分があるのは感じますが、肌は濡れてないから、汗冷えでぞくぞくする嫌な感じがありません。

ただ、暑い日に大量発汗しながら、長時間着用していると、スキンメッシュの上に着ているシャツの汗の吸い上げが追い付かなくなることがあります。

こうなると、スキンメッシュが汗で飽和してしまうためか、だんだん汗濡れを感じるようになってくることもあります。

このスキンメッシュは伸縮性があって体にぴったりフィットしますが、肌触りはジオラインに比べるとやや硬く、まったく温もりを感じません。取説のとおり、上に吸水、速乾、保温性のある肌着を着なければいけません。

ファイントラックのドライレイヤーは、吸水、速乾、保温性のあるシャツと合わせることによって、汗冷えを画期的に防ぐ、新しいタイプのシャツであることが確認できました。

今回はジオラインL.W.Tシャツと合わせましたが、季節によっていろいろな厚さのシャツや中間着と合わせることができそうです。

ひとつ難点があるとすれば、「汗の臭いを防ぎます」と書いてありますが、汗をかくと安物の化繊のメッシュTシャツとほとんどかわらないレベルで、あの化繊特有の臭いがしてきます。

まあ、少々ニオっても、汗冷えしない性能はすばらしいので、良しとします。

上の写真はファイントラックスキンメッシュの拡大写真ですが、見た目は表地も裏地も特に変わらない感じです。

生地はかなり薄くて、透けているのがわかります。

汗を残さないという秘密は撥水加工してあるからとのことですが、外観も感触もストッキングを肌着にしたようなシャツです。

 

ファイントラックのドライレイヤーはメンテナンスが必須です

ファイントラックのドライレイヤーはきちんと洗濯しなければ、撥水性はすぐに落ちてきます。

洗濯方法ですが、取説によれば、液体タイプで柔軟剤や漂白剤が入っていない洗剤を使用し、洗濯ネットに入れ、通常モードで洗い、すすぎは1回多くするのが良いと書いています。脱水時間は控えめにし、陰干しします。

洗濯洗剤に入っている、生地をやわらかく仕上げる成分などが生地に付着すると、撥水性を低下させるので、十分にすすぐよう書いてあります。

洗剤の余計な成分が生地の撥水性を低下させること、すすぎを十分にすることの二つは、ゴアテックスウエアの洗濯方法とよく似ています。

ゴアテックスウエアも撥水性維持のために、一般的な合成洗剤の使用が良くないとされています。

ファイントラックドライレイヤーの洗濯には、同じファイントラックから出ている、「オールウオッシュ」という専用洗剤をメーカーは推奨しています。

「オールウオッシュ」は弱アルカリ性、純せっけんなどを成分とする合成洗剤で、ゴアテックスウエアーの洗濯にも使用できる洗剤です。

筆者は専用洗剤よりもコスパが良くて、漂白剤、柔軟剤が入っていない「サラヤ arau」(弱アルカリ性、純せっけん無添加洗剤)や「ミヨシ無添加衣類のせっけん」という市販洗剤を使用していますが、撥水性は良好に維持されています。

ただし、毎回洗濯機で洗濯していると、皮脂の汚れがだんだん蓄積して撥水性が落ちてきますので、5~10回に一度は押し洗いして汚れを完全に落とした方が性能は維持されます。それでもだめなら、低温のアイロンをかけると撥水性は蘇ります。

撥水力低下の見極めは、シャツにシャワーをかけてみて、水が弾くかどうかでわかるようです。

スキンメッシュに霧吹きをかけてみる

上の写真は霧吹きをかけて撥水性を試したところですが、きれいに水玉ができています。

水がべったりとしみ込んだら撥水力が落ちている証拠です。

何をやっても撥水力が蘇らない時はドライレイヤーの寿命だそうです。

正しいメンテナンスで何年持つのでしょうか?寿命がきたらまた報告したいと思います。

追記:「ミレードライナミックメッシュ」というまったく違うタイプのドライレイヤーが注目されています。ミレーとファイントラックを着て比較してみましたので、興味のある方は読んでみて下さい。→「登山の汗冷え。ミレードライナミックとファイントラックを比較!

 

汗冷えに関連する記事

登山の汗冷え。ミレードライナミックとファイントラックを比較!

夏山遭難と低体温症~疲労凍死を防げ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー