山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

懐かしい昭和の登山装備。登山靴、ピッケル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

懐かしい昭和の登山装備~60年前の登山装備って?

登山を始めたころに山の先人達から頂いた旧式の装備たち。

今回は、倉庫に眠っている昭和の動態保存、登山靴(ナーゲル靴)とピッケルを紹介します。

 

登山靴(ナーゲル靴)

昭和30年代製の登山靴 ナーゲル靴の特徴が残る

写真の登山靴は80歳になる山の先輩が昭和30年ころに新品で購入し使用していたものです。

非常に重たくて、硬く、丈夫な登山靴です。

外見は本革製の登山靴で、アウトソールもゴム製ですが、今の登山靴にはない特徴があります。

靴底にスリップ止めの金具が打たれています。

登山の黎明期、ナーゲル靴と呼ばれる革製の靴底にクリンカー、ムガー、トリコニ―という鋲を打った登山靴が使用されていましたが、写真の登山靴はナーゲル靴の特徴を備えています。

つま先にある長い4本の金具はクリンカーと呼ばれるもので、濡れた岩やこけ生した岩などの上も滑らずに歩けました。

靴底の中央付近にはトリコニーと呼ばれる金具が2個打たれています。

中央のトリコニ―は主に木の根や枝を踏んでしまった時に横滑りを防止してくれました。

トリコニ―はキャラバンシューズの昔のモデルにもついていたを覚えている方も多いと思います。(昭和60年当時は、これらの金具を登山靴に取り付けてくれる個人の靴屋さんが細々と営業していましたので、私も自分の登山靴のビブラム底にトリコニ―とクリンカーを後付けしてもらって使用していました。)

靴の上部には革製の襟が付いています。

これも、古い時代の登山靴の特徴の一つだそうです。

持ち主に使い方を聞いて見たところ、写真では襟が立っていますが、普段は折り返して履くそうです。

襟を立てる場合は、スパッツ(ゲートル、脚絆、ゲイター)を装着する場合で、襟を立ててからスパッツを装着したそうです。

これなら、当時、旧日本軍の巻き脚絆(ゲートル)も使用できたであろうと推測します。

当時は登山靴を履いているのは最先端の登山者で、日本軍の軍靴(ぐんか)を履き、ゲートルを巻いた登山仲間もいたとのことです。

この登山靴を見ていると、ナーゲル靴からゴム製のビブラム底へと切り替わる進化の過程を見ているようです。

 

 木製ピッケル

昭和30年代製のピッケル

写真のピッケルは先輩から譲り受けた昭和30年代製のもので、金属製のピッケルを購入するまで雪山で使用していました。

古い時代のピッケルはシャフトが木製で、ヘッド部分のデザインは非常にシンプルです。

この時代のピッケルヘッドは、現在のようなプレス加工ではなく、手間のかかる鍛造(ひと塊の鉄を鍛冶屋がたたいて作る)です。

ヘッドと木製シャフトを連結するために、フィンガーと呼ばれる部分があるのが特徴です。

おおむね、こんな感じで職人さんが手作りしていたと聞きます。

こんな複雑な形を鍛冶屋職人がたたいて作っていたなんてすごいです。

保存状態が良く、ヘッドには購入当時の革製のカバーもついています。

シャフトにはピッケルバンドを取り付けるための可動式の真鍮製の環が付いています。(写真には真鍮の環にピッケルバンドと熊よけの鈴がつけられています)

シャフトが木製なので、シャフトの下部は岩などにぶつけた時のためにテープを巻いて保護しています。

木製シャフトはメンテナンスのために亜麻仁油をたっぷりとしみ込ませますので、重厚な色が出ています。

このピッケルは長めの仕様でしたので、ザックに着けている時はシャフトの石突がよく木の枝に引っかかりました。

強度的には現在でも使用できますが、もったいないので、今は飾り物にしています。

次回は、昔のわかんと尻あて、ラジウスを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー