山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

懐かしい昭和の登山装備。60年前の「キスリング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

懐かしい昭和の登山装備~60年前の登山装備って?

私が本格的に登山を始めたのは高校山岳部時代からなのですが、この時は最新の装備をすべてそろえることはできませんでしたので、山の諸先輩達から頂いた旧式の装備を使用していました。

今回は、倉庫に眠っている昭和の動態保存の一部を紹介します。

キスリング

昭和30年代製の大型キスリング

現在のような縦長型の大型ザックが主流になる前はみんなこれを背負って山を歩いていました。

このキスリングは昭和60年ころに山の先輩から譲ってもらったもので、頂いた時には既に30年経過しており、革や肩バンドを修理して使用しました。

キスリングの材質は船舶で使用される木綿製の厚い帆布(はんぷ)で出来ていて、力のかかる場所には厚い革が使用されています。

とにかく丈夫で、30年経過しても強靭さを保っていました。

リッター数は今のザックでいうと、90~100L以上はあるのではないかと思います。

とにかく、でかくて、丈夫で、重たくて、パットもフレームも入ってないので型崩れしやすく、パッキングが超難しいしろものでした。

ただせさえ重いのに、汗を吸ったり雨に当たると、更に重さを増します。

パッキングは現在のザックでは背中の中央付近に重心を置きますが、キスリングはザックの重心を上の方に置かないとうまくバランスがとれませんでした。

パッキングの重心が上の方にあるため上体が振られます。

また、今のザックのようにウエストベルトはなく、背負いバンドだけでザックの重さを支えるので、肩にバンドが食い込み、腕がしびれ、首や肩がバリバリにコリました。

下山すると肩から鎖骨のあたりが擦れて、赤いあざができました。

一様、腰に重さを分散できるよう、申し訳程度にザックの下部にベルト通しがついていましたが、これを使用している人はほとんどいませんでした。

両サイドにある、大きなサイドポケットは非常に使い勝手が良くて、けっこう物が入ります。

行動中のすぐ使うものはここに入れました。

しかし、このサイドポケットがある独特のデザインはザックを横長にしたため、弊害もありました。

狭い場所を通過する時や、やぶこぎの時にはザックが引っ掛かり、上体を上下左右に振りながら歩行しなければならず、ただ、根性を鍛えているとしか思えない状況での登山を強いられました。(駅の改札口はカニ歩きじゃないと通過できませんでした。このため、当時キスリングを背負った旅行者を世間では「カニ族」と呼んでいた)

背面にはピッケルホルダーがあります。

装着するとこんな感じになります。

このホルダーは便利でしたが、ピッケルの先が枝に引っかかってよくバランスを崩しました。

枝が多い場所ではその都度、姿勢を低くして通過しなければならず、消耗させられました。

 

キスリングの歴史は昭和初期に遡ります。

昭和のはじめから昭和60年代まで使用されていましたが、昭和60年ころは既に縦長のザックが主流となっていて、キスリングは少数派となっていましたが、伝統ある山岳部を中心に登山の基本と言わんばかりに使用されていました。

キスリングは現在のザックとは違い、パッキングの良し悪しが顕著に出てしまうのも特徴です。

パッキングには熟練が必要で、パッキングが悪いと、背負った時のザックの重さは2倍以上にも感じられました。

山では登山者のキスリングの形を見ただけでパッキングの良し悪しがわかり、それは登山経験が一目でわかってしまうほどでした。

いくら偉そうなことを言っていても、ザックの形で初心者だとばれてしまうのです。

60年以上モデルチェンジされずに使用され続けたのに、近年の登山ブームでキスリングはあっけなく姿を消し、背中にフィットする高機能なザックがあふれるようになりました。キスリングってなんだったのだろう?と思ってしいます。

これをくれた先輩はもう80歳を超えました。新品から60年経過したこのキスリングは、今使おうと思えばまだ使えるほど強度を保っていますが、もう出番はないでしょう。

 

キスリング(サブザック)

昭和60年代製のキスリング型サブザック

日帰り登山に使用する20~30L程度のザックを通称サブザックと呼びます。

現在では縦長のザックやデイパックばかりですが、昭和のころは写真のようなキスリング型もありました。

写真のもののリッター数は30~40L程度だと思います。

大型のキスリングとは違い、容積が小さいのでパッキングはそれほど気にならず体が振られることもありません。

サブザックのキスリングにも左右に大きなサイドポケットがあり、このポケットは小物をさっと取り出せて、けっこう物が入りますのでとても便利でした。

難点はやはり、汗や雨水を吸うのでザックの中の装備品の防水はきちんとやらなければなりませんでした。

雨天時は現在のようなザックの雨覆いがありませんでしたので、当時は米軍の払い下げのポンチョをかぶり、ザックごとポンチョを覆って雨を凌いでいました。

写真のものは昭和60年ころ新品を購入して実際に使用していたものです。

前述の大型キスリングと比較して色があせていないのは、30年の差でしょうか。このサブザックも使おうと思えばまだまだ使えます。

次回は昔の登山靴とピッケルについて紹介します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー