山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

登山の靴ずれ対策!~かかとの靴ずれ最強アイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

登山の靴ずれ対策!~かかとの靴ずれ最強アイテム

登山中の靴ずれは非常につらく、あまりに酷いと登山そのものが嫌になってしまいます。

中でもかかとの靴ずれの酷いものは、とてつもなく耐えがたいものです。

今回はかかとの靴ずれに焦点をおいて詳しい対処法を説明します。

 

かかとの靴ずれ対策のいろいろ

かかとの靴ずれは靴のサイズや形が足とマッチしていないために起こります。

根本的な解決法は靴を買いなおす事しかありませんが、

・中敷きを替える(中敷きの形、厚み、クッション性で靴の中で足が踊らなくなることがある)

・靴下の枚数や厚みを替える

・靴ひもの締め具合を調整する(きつく締める、あるいはフックを1段か2段残して、一番上までひもをかけないなど)

・履いているうちに、靴が足の形に合ってくる

などで、幾分は良くなることもありますので、まずは上記を試してみます。

それでもダメな時は?

・ワセリン

ワセリンHG

かかとの靴ずれは、かかとと靴が摩擦し、皮膚が損傷するために起こります。

そこで、摩擦を減らすために、かかとにワセリンを塗る方法があります。

これで、画期的に靴ずれが良くなったという人もいます。

ワセリン法の弱点ですが、ワセリンを塗っても靴ずれが起きてしまった場合、ワセリンのせいでテーピングやバンソーコがくっ付かない、貼ってもすぐに剥がれるということがありますので、そのあたりをよく考えて塗らなければいけません。

・プロテクトS1、ボルダースポーツ

Protect S1 スポーツ摩擦皮膚保護クリーム 60ml

BOULDER SPORTS(ボルダースポーツ) ボルダースポーツ56グラム

こちらは、スポーツ用皮膚保護剤です。

靴ずれはもちろん、あらゆるスポーツの場面で皮膚の摩擦を低減させます。

プロテクトS1はクリームでボルダースポーツはムースです。

どちらも角質に浸透するので持続性があり、ワセリンのようにべたつきません。

ワセリンと同じく、これで靴ずれがなくなったという人もいます。

・テーピング

テーピングテープをかかとに貼ります。

テーピングテープには大きさがありますが、25mm幅程度のものを何枚も重ね貼りするのが最も効果があります。

幅広サイズのテープを一枚張るよりも剥がれづらくなります。

テーピングテープを貼る時は必ず、皮膚が乾いている時に貼らなければいけません。

汗ばんでいたり、皮膚が潤っている時にテープを貼ると、登山中にすぐ剥がれてしまいます。

テーピングテープは必ず出発前の皮膚が乾燥している時にしっかり貼ります。

貼り方ですが、靴ずれを起こす場所を中心に大きめに貼るのがコツです。

テーピングテープは粘着力がそこそこ強いので、かかとが擦れてもテープが擦れるだけで、テープと皮膚は一体化していますので、皮膚は損傷しません。

バンソーコ、ガムテープを貼るという方法もありますが、これは、テープ表面がつるつるしていますので、テーピングとワセリン効果の両方があり、この方法でも靴ずれが改善することもあります。

しかし、バンソーコやガムテープは粘着力は強くないのでテーピングテープより長持ちしません。

それでもダメな場合の最強アイテム

・バンドエイド まめ・靴ずれブロック(コンピード)

BAND-AID(バンドエイド) マメ・靴ずれブロック レギュラーサイズ 4枚

バンドエイドから「まめ・靴ずれブロック」という靴ずれ専用パッチが出ています。

この商品は昔「コンピード」と呼ばれていたもので、現在はバンドエイドから出されています。

まめ・靴ずれブロックは粘着力がテーピングテープとは比較にならないほど強力で、登山靴の中がずぶ濡れにでもならない限り絶対に剥がれません。

しかも、表面がつるつるしていますのでワセリン効果もあります。

まめ・靴ずれブロックにはサイズがありますが、かかとには「レギュラーサイズ」を貼ります。

注意ですが、テーピングテープの時と同じで、皮膚が汗ばんでいたり、潤っていると剥がれてきますので、出発前の皮膚が乾燥している時にしっかりと貼りつけるのがコツです。

筆者は足に合わない革製重登山靴履いていた時に、何を試しても改善しない、酷いかかとの靴ずれで苦しんでいましたが、「まめ・靴ずれブロック」に出会ってから靴ずれはなくなりました。

今のところ、登山の靴ずれ対策には最強のアイテムです。

何をやっても靴ずれが起きてしまう方は試してみて下さい。

なお、同じバンドエイドから「キズパワーパッド」という商品が出ています。

見た目は「まめ・靴ずれブロック」に似ていて、靴ずれにも効くと書いてありますが、粘着力がまったく違いますので、靴ずれがひどい場合は、下山までに剥がれてしまいます。比較的軽度の靴ずれ用には良いのかもしれません。

キズパワーパットは、靴ずれ防止ではなくて、泊を伴う登山中に靴ずれを起こしてしまった時の、キズの治療用としては便利です。

間違わないよう注意しましょう。

まめ・靴ずれブロック(左)とキズパワーパッド(右)

 

まめ・靴ずれブロックの貼り方

まめ・靴ずれブロックは粘着力が強いので、単体で貼っても剥がれてしまうことはほどんとありませんが、長時間歩行ではフチから徐々に剥がれてくる場合があります。

これを防止するのには、写真のように、まめ・靴ずれブロックをかかとに貼った上から、テーピングテープを覆うようにを貼りつけます。

こうすることで、相当過酷な状態でも1日中剥がれずにかかとを守ります。

次回は「小指の靴ずれ対策」について説明します。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー