山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

ゴアテックスに使用できる洗剤は?(市販洗剤編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴアッテックスに使用できる洗剤は?(市販洗剤編)

前回はゴアテックスの専用洗剤について説明しました。

今回は、ゴアテックスを洗える市販の洗剤についてのまとめです。

前回の「ゴアテックスに使用できる洗剤は?(専用洗剤編)」はこちらです。

 

ゴアテックスに使用しても良い洗剤の成分は?

前回の記事で調査した結果から、ゴアテックスの洗濯に使用できる洗剤の特徴として、次のことがあげられます。

・液体洗剤であること

・柔軟成分、漂白成分、蛍光成分が入っていないこと

・弱アルカリ性でも良いが、中性の方が好ましいこと

また、洗濯方法の特徴としては

・ぬるま湯を使用すること

・すすぎは1回多めにするなど、よくすすぐこと

・洗剤は多すぎないこと

・脱水はしないか、弱くすること

・陰干しすること

以上のことがわかりました。

また、ゴアテックスの専用洗剤の成分の傾向として、上記に加え、添加物が少ないことがあげられます。

これらの条件を満たした市販の洗濯洗剤を使用すれば、高価な専用洗剤を買わなくても良いということになります。

よく言われているのは、無添加の純石けん洗剤、ナノックス、P&Gさらさ、エマール、ウルトラアタックネオなどがゴアテックスに使用できるとされています。

これらの市販洗剤は上記の条件に合致しているのかどうか成分を調べてみます。

(※洗濯単価はジャケット1着を洗うための平均的な水量20Lで洗濯した場合で計算しました。)



ゴアテックスに使えそうな市販洗剤を調査

サラヤ arau

arau. アラウ 洗濯用 せっけん 本体 1.2リットル

こちらは、無添加で純石けんしか入っていませんので、文句なく大丈夫と言えます。

筆者は現在これを使用していますが、現在までゴアテックスの撥水性に問題は起きていません。

  • 弱アルカリ性
  • 純石けん分(脂肪酸カリウム30%)
  • 内容量 1.2L
  • 価格 600円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤約30ml)で40回分 15円/回(詰め替え用1L400円程度 12円/回)

 

ミヨシ 無添加衣類のせっけん

無添加衣類のせっけん 本体1.2L

こちらはarauとまったく同じ成分です。

  • 弱アルカリ性
  • 純石けん分(脂肪酸カリウム30%)
  • 内容量 1.2L
  • 価格 600円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤約30ml)で40回分 15円/回(詰め替え用1L400円程度 12円/回、5L2000円程度 12円/回)

 

ライオン トップ スーパーナノックス

(ライオン株式会社)トップ スーパーNANOX(ナノックス) 450g

こちらは、洗浄力が高いという売り込みの洗剤です。

添加物は色々入っていますが、中性で柔軟剤、漂白剤、蛍光剤は含んでいないので、ゴアを洗濯しても大丈夫ではないか思われます。

洗濯単価が安いのが魅力です。

  • 中性
  • 界面活性剤(ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、脂肪酸塩)、安定化剤(エチルアルコール、p-トルエンスルホン酸、クエン酸、塩化カルシウム)、ph調整剤(アルカノールアミン、水酸化ナトリウム、塩酸)、再汚染防止剤、香料、酵素、防腐剤、着色剤、酸化防止剤(BHT)、水軟化剤
  • 内容量 450g
  • 価格 400円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤約7g)64回分 約6円/回(詰め替え1300g 900円程度 約5円/回)

 

P&G アリエール さらさ

さらさ 洗濯洗剤 液体 本体 850g

こちらは、無添加で赤ちゃんにもやさしいという売り込みの洗剤です。

ボトルに「無添加」を大きく書いていますが、よーく見ると、「蛍光剤・漂白剤・着色料が無添加」であることがわかります。

本物の無添加洗剤と間違える人がたくさんいることでしょう。

今時、このだまし討ち的なやり方はまったく感心しません。

本当に赤ちゃんにやさしい洗剤がほしいなら、arauやミヨシの無添加せっけんでしょう。

スーパーナノックスと同じく、中性で柔軟剤、漂白剤、蛍光剤を含んでいませんので、ゴアを洗濯しても大丈夫ではないかと思われます。

  • 中性
  • 界面活性剤(25%:アルキルエーテル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸ナトリウム)、LAS)、安定化剤(プロピレングリコール、クメンスルホン酸ナトリウム、ホウ酸、エチルアルコール、水添ヒマシ油)、ph調整剤(エタノールアミン、水酸化ナトリウム)、水軟化剤(クエン酸)、ケア成分(コットンミルク)、酵素、分散剤(アルコキシル化ポリエチレンイミン)、金属封鎖剤(DTPMP塩)、香料、泡調整剤(シリコーン)
  • 内容量 850g
  • 価格 400円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤約16g)約53回分 約7.5円/回(詰め替え1350g 600円程度 約7円/回)

 

花王 エマール


エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用 リフレッシュグリーンの香り 本体 500ml

こちらは、おしゃれ着専用という売り込みの洗剤です。

中性で柔軟剤、漂白剤、蛍光剤を含んでいず、添加物はやや控えめの印象です。こちらもゴアを洗濯しても大丈夫ではないかと思われます。

  • 中性
  • 界面活性剤(19%:ポリオキシエチレンアルキルエーテル、アルキルアミドアミン)、安定化剤(エチルアルコール、プロピレングリコール、フェノキシエタノール)、ph調整剤(クエン酸塩)、繊維潤滑剤(シリコーン)、防腐剤、香料
  • 内容量 500ml
  • 価格 300円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤27ml)約18回分 約16円/回(詰め替え920ml 500円程度 約15円/回)

 

ウルトラアタックNEO


ウルトラアタックNeo 洗濯洗剤 濃縮液体 本体 400g

こちらは洗浄力が売りの洗剤です。

弱アルカリ性ですが、柔軟剤、漂白剤、蛍光剤は含んでいませんので、ゴアを洗濯しても大丈夫ではないかと思われます。

  • 弱アルカリ性
  • 界面活性剤(59%:ポリオキシアルキレンアルキルエーテル硫酸エステル塩、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、脂肪酸塩、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル、アルキルアンモニウム塩)、安定化剤(ブチルカルビトール、プロピレングリコール)、洗浄助剤(クエン酸塩)、分散剤(アクリル酸塩系共重合物)、香料、酵素、着色剤
  • 内容量 400g
  • 価格 400円程度
  • 洗濯単価 洗濯20L(洗剤7g)約57回分 約7円/回(詰め替え950g 800円程度 約6円/回)

 

まとめ

今回調査したゴアテックスが洗えると言われている6種類の市販洗剤はすべて柔軟剤、漂白剤、蛍光剤は含んでいませんでした。

中性洗剤にこだわるのなら、スーパーナノックス、さらさ、エマールです。

洗濯単価にこだわるのなら、スーパーナノックス、ウルトラアタックNEO、さらさです。

無添加にこだわるのなら、arau、ミヨシ無添加衣類のせっけんです。

筆者は、添加物の少ないものが撥水性の保持に有利だと考えていますので、ゴアとファイントラックドライレイヤーの洗濯にはarauを使用していますが、現在のところ問題は発生していません。

arauやミヨシ無添加衣類のせっけんの弱点ですが、石けんカスが発生する場合があるといわれていることと、弱アルカリ性だという点です。

ですので、洗剤は多すぎず、すすぎは水が透明になるまで行っています。

arauとミヨシ無添加衣類のせっけんを使用する時の洗剤の量ですが、筆者の実験では容器に表示されている規定量の半分~3分の1程度でもそこそこ洗浄力があります。

生地のことを考えれば、洗剤は少ない方が有利です。

洗剤によるゴアテックスの劣化(シームテープの剥がれなど)を押さえるには、洗剤の量は洗浄力があるぎりぎりの量にしましょう。

ちなみに、ゴア専用洗剤として有名な「ニクワックス テックウオッシュ」は合成洗剤ですが、弱アルカリ性で純石けん分がベースであるという点ではarauと同じです。

個人的な意見として、高価なテックウオッシュを買うんだったら、成分が似ていて添加物が入っていないarauを買った方が良いのではないかと思います。

市販の洗剤を使用する場合、どの洗剤を選ぶかは結局、自己判断ということになってしまいますので、やっぱり心配だなと思う方はゴアテックス専用洗剤の使用が無難でしょう。

ゴア用専用洗剤を含め、どの洗剤を使用するにしても、洗剤の量、すすぎや脱水の仕方など、洗濯方法に気をつけて行うようにしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー