山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

冬山のテント生活のコツ。冬山用テントと竹ペグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山のテント生活のコツ。冬山用テントと竹ペグ

冬山でのテント生活は夏山と違い、注意しなければならない点がいくつかあります。

冬の山中で、雪と氷と寒さをどう凌いで行くのか?冬山でのテント生活あれこれについて説明していきます。

今回は冬山用のテントと雪上で使うペグについて説明します。

 

冬山用テント

冬用外張りの例~エスパース スノーフライソロ(グレーの裾部分に雪を乗せて固定する)

冬用内張りの例~エスパース ソロウインター内張り付(テントの中に見える白いやつが内張り)

冬山専用のテントというものはなく、夏山に使用しているテントに冬用外張りや冬用内張りなどを着けて、テントの壁を二重にすることによって防寒性を高めて冬山で使用します。

冬用外張りや冬用内張りなどのオプションが設定していあるテントを一般的にオールシーズンテントと呼んでいます。

冬用外張りというのは、例えるなら夏用のフライシートの裾が長いもので、裾はフライシートのようにテントの四つ角に連結して、四辺にペグを打つのではなく、地面まである長い裾を雪で埋めて二重壁の密閉を良くするものです。(上の写真参照)

一方、冬用内張りはテントの中に薄いテントを蚊帳を吊るようにもう1枚張って、二重壁にするものです。(下の写真参照)

外張りタイプと内張りタイプを比較すると、テントの設営撤収は、内張りタイプは内張りを外さずに設営撤収できるのもが多いので、設営がスピーディーに行えます。

しかし、テントの内張りをはずして夏山で使用しようとすると、テント本体の入口が吹き流しタイプなので出入りがやや面倒なのと、入口の虫網がないなど、夏山ではやや不便さを感じることもあるでしょう。

外張りタイプは設営撤収のときに、外張りをかけたり外したしする分、手間がかかり、特に強風下での設営撤収は内張りタイプより苦労します。

しかしテント本体の入口がファスナー式で、虫網もついているので夏山では違和感なく使用できます。

どちらが良いとは言えませんが、夏山重視なら外張りタイプ、冬山重視なら内張りタイプのテントが便利だと思います。

なお、テントの材質には透湿素材のゴアテックスと通常素材のナイロンがあります。

 

雪上にテントを張るためのペグ

①自作した「竹ペグ」。軽い材質の木で作製し細引きを結んだ

・竹ペグ

テントの設営において、夏山と冬山での最大の違いはテントを固定するペグです。

夏用の短いペグを雪に刺しても効きません。

30cm以上もある長いペグを使用するという方法もありますが、装備が重くなります。

雪上用のペグは、通称「竹ペグ」というものを自作して使います。

竹ペグは15cmくらいの竹や木の板を張り綱と連結し、竹ペグを横に寝かせた状態で雪の中に埋める方法が一般的です。

深さはそんなにいりません。15cmか20cmも埋めれば十分な強度が得られます。

テント撤収の時には踏み固めた竹ペグの周りが氷化してしまい、スコップやピッケルで氷を砕いてやっと竹ペグを救出するということはしょっちゅうありますので、あんまり深く埋めてはいけません。

夏用のペグを横向きにして埋めてもそれなりに効きますが、細い棒状の夏用ペグは表面積がないので引っ張ると抜けてくる場合があります。

なので、面積のある竹や木のペグを横向きにして埋めるのです。

①竹ペグ使用イメージ

竹ペグを埋める時は、張り綱を直接巻きつけるのではなく、ペグが救出不可能になった場合を考えて、あらかじめ竹ペグに30cmくらいの細引きを付けておきます。(画像①参照)

細引きの取り付け方はペグの中央にドリルで穴を開けて細引きを通す方法でも良いですが、加工する手間とペグの強度を考えるとしっかり結んだ方が良いのではないかと思います。

結び方に決まりはありませんが、細引きが竹ペグからすっぽ抜けないような結び方が良いでしょう。

巻き結び(クラブヒッチ、インクノットとも言います)は結んだ箇所が、ずれにくい結び方の代表選手です。

例では、画像②のような「巻き結び」でしっかり縛ってすっぽ抜けないようにしたあと、画像③のように「本結び(真結び、横結び、固結び、リーフノットとも言います)」で解けないようにしています。ロープワークが得意な人は「本結び」より、「かきね結び(おとこ結び)」などの方がベターでしょう。

②巻き結び

 

③巻き結びのあと、本結び

竹ペグを雪に埋めたら、画像④のように、竹ペグにつけた細引きをテントの張り綱に通して、もやい結びなどで結びます。(結び方は画像⑥の「もやい結び」に代表される、しっかり結べて、かつ、力がかかっても結び目が硬くならず解きやすい方法で結びます)

あるいは、画像⑤のように、竹ペグに付けた細引きに輪を作っておいて、輪とテントの張り綱を小さめのカラビナで連結しても良いでしょう。

結び目が凍って解けなくなる可能性を考えるとカラビナで連結した方が有利でしょう。

以上のように、竹ペグに細引きを付けておけば、竹ペグが凍って抜けなくなっても、竹ペグと細引きを放棄してテントを撤収することができます。

④細引きと張り綱を直接結ぶ方法

 

⑤細引きと張り綱をカラビナでつなぐ方法

 

⑥もやい結び(ブーリン結び、ボーラインノットとも言います)

なお、近年、登山者の増加によって登山者が多い一部の山域では竹ぺグの放棄が多すぎて問題化しているようです。

当たり前ですが、放棄はやむを得ない場合に行います。

・ペグの代用

竹ペグを使用しないで、ピッケルやストックを雪に刺しても張り綱を固定できます。

ピッケルは30cmくらい雪に刺せば十分です。

ストックを使用する場合はグリップの方を雪に30cmくらい埋めます。

撤収の時に埋めた場所が氷化してると、ピッケルならすぐに抜けますが、ストックはスコップで掘らなければ抜けません。

なので、ストックは先端の方(バスケットがついている方)を埋めるのではなくグリップの方を埋めます。

先端の方を埋めるとバスケットが氷に食い込み、回収困難になることがあるので注意して下さい。

また、テントの近くに立ち木があれば、張り綱を木に結ぶか、細引きやスリング(細いロープを輪にしたもの)を木に結んで、カラビナで張り綱と連結しても良いでしょう。

次回「雪上にテントを張る」では雪上でのテントの設営について、さらに詳しく説明していきます。

冬山装備関連記事

冬山とアイゼン~選び方と使い方

冬山。スノーシューの選び方と使い方

登山用GPSの選び方~専用機?スマホ?

冬山登山の服装は?

冬山の寝袋(シュラフ)の選び方

冬山のテント生活のコツ。雪上にテントを張る 冬山のテント生活のコツ。テント生活のあれこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー