山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

ザックが臭い!ザックを洗濯して快適登山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザックの手入れ。洗濯方法とは

下山後のザックは泥と汗をたっぷり吸って、においを放ちます。だから洗濯がしたい。

その昔、山の先人達から「ザックは洗っちゃいかん!」と教えられたせいで、洗濯することに躊躇してしまいます。

しかし、化繊でできた現在のザックは連泊の縦走などでたっぷりと汗を吸うと異臭を放ち、とっても不快です。

においに耐えかね、ある時、恐る恐るザックを洗ってみました。すると、ザックはきれいになり、においもなく、型崩れもしていません。

今回はザックの手入れや洗濯方法について説明します。

 

ザックは洗うな?

約60年洗濯していないキスリング

キスリング(木綿でできた大型ザック)時代、ザックは洗わないものでした。

キスリングは現在のザックのように、パットもフレームも入っていないただの巨大な布袋でした。

なので、新品の時のバリっとした生地の腰が失われると、ザックがヘナヘナになり、パッキングが難しくなってしまいます。

キスリングの場合、綿100%ですから、経年使用でほこりやカビのにおいはしてきますが、化繊のザックのようなきつい異臭は放ちませんでしたので、洗濯しなくてもそれほど気にならなかったのです。

現在のザックはキスリングと違い、部分的に厚いパッドや金属のフレームが入っているので、たとえ洗濯で生地の腰が弱くなったとしてもパッキングが難しくなるほど型崩れはしません。

しかし、洗い方には一定の配慮が必要で、メーカーが推奨するような洗濯方法が無難と言えます。

※メーカーによっては生地の劣化を抑えるため、洗濯は部分洗いだけにするよう説明しているところもあります。(でも私は最小限度に洗濯しています)

洗濯の仕方

まず、メーカーなどが推奨する一般的な洗濯方法について説明します。

  • 1 ウエストベルト、金属フレームなど、ザックの分解できる部分をはずし、ファスナーは開放します。
  • 2 たらいなどにぬるま湯を入れ、中性洗剤を適量入れます。
  • 3 たらいに入れ、押し洗いします。
  • 4 水でよくすすぎ、陰干しします。乾燥したら組み立てます。

上記のとおりの洗濯方法で間違いありませんが、私がやっている洗濯方法は、洗濯機を使用します

  • 1 ウエストベルト、金属フレームなど、ザックの分解できる部分をはずし、ファスナーは開放します(金属などのフレームは洗いません)。バックル類は暴れますので連結しておきます。※ザックによってはフレームがないものや分解できないものがあります。
  • 2 洗濯機に普通の洗濯洗剤を少なめに入れるか、中性洗剤を適量入れます。
  • 3 大きな洗濯ネットに入れ、おしゃれ着モードなどの弱水流か、標準モードで時間は短め(5分程度)に設定し、よくすすぎます。
  • 4 脱水はしないか、1分程度にし、陰干しします。乾燥したら組み立てます。

購入から20年経ったこのザックは未だに元気

購入から20年経つ私のザックは、わたし流の洗濯方法で今のところ異常は出ておりません。

私の場合、ザックの洗濯はシーズンの終わりに1回程度と、すごく汚れた時にだけしかしないので、この方法でも良いのかも知れません。しかし、頻繁に洗濯する人ならメーカー推奨の中性洗剤で手洗いするやり方の方が生地は傷まないはずです。

 

普段のメンテナンス

普段のメンテナンスといっても、さほど大した事はやりません。

下山したら、大きな汚れは水で濡らしたウエスなどで拭き取るか、汚れがひどい時は部分洗いしても良いでしょう。

汗を吸った背中部分、ウエストベルト、背負いバンドはファブリーズか、台所用アルコールをたくさん振りかけ、ザックをよく乾燥させます。

乾燥したら、残った泥をさらにブラシやウエスなどで落とし、ザックを裏返して中に入った細かいゴミを落として終了です。後は湿度が高くない部屋に保管します。

先ほど、洗濯はあまりしないと言った理由は、ザックがそんなに汚れていなければ、アルコールやファブリーズだけでも、けっこうにおいはなくなりますので、シーズンに1回程度しか洗濯はしないということです。どうしても、昔教わった、「洗濯によるザックの型崩れ」が気になってしまいますし、メーカーによっては部分洗いしか推奨してないものもあるので、未だに洗濯は必要最小限にしています。

 

洗剤について

水で落ちる汚れは水でじゃぶじゃぶ洗うのが良いのですが、洗剤を使用するのならザックに限らず登山用品の多くは「中性洗剤使用」という言葉がよく出てきます。

中性洗剤を使用する理由は生地に使用されている素材や接着剤などの材質を痛めないということです。

ほとんどの洗濯洗剤は「弱アルカリ性」ですから、洗剤の成分が洗濯物に残ると材質の劣化を招くということです。

洗剤は中性より、弱アルカリ性のもののほうが汚れはよく落ちます。しかし、生地を傷めるのでおしゃれ着や大切なものは、中性洗剤を使用するということなのです。

言ってしまえば、洗濯はなんでも中性洗剤で洗うべきだと思いますが、弱アルカリ性の洗剤を使用する場合でも、洗剤の量は少なめにし、洗濯や脱水の時間は短めにし、よくすすぐよう心がけるべきです。

たとえ中性洗剤だとしても合成洗剤には色々な成分が入っていますので、成分が生地に残らないよう、きちんとすすぐというのが基本となります。

ザックや防臭対策に関連する記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール



初登山は雌阿寒岳。

学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。

以来、北海道の山を舞台にオールシーズン単独行にこだわり続け30年。

現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのアマチュア登山者。



カテゴリー