山登り初心者とステップアップしたい経験者の方へ登山講座

menu

元山岳部部長の登山講座

実験!高濃度虫よけスプレーはマダニに効くのか?

デング熱の国内感染などがきっかけとなり、平成28年(2016年)から従来の虫よけスプレーより2倍以上濃度が高い、ディート30%、イカリジン15%含有の虫よけスプレー(いわゆる高濃度虫よけスプレー)が各社から発売されるようになりました。

高濃度虫よけスプレーは、マダニにも忌避効果があるとされています。

今回は実際にマダニが多い山でスプレーの効果を検証してみました。




マダニの巣窟。6月の日高山脈、笹ヤブ地帯で実験!

マダニは笹ヤブ地帯に多くいますが、春先で気温が上がって来ると特に数が多くなります。

日高山脈一帯は、登山道が未整備の場所がほとんどで、笹ヤブを漕がなければならない場所が多く、特に5月~6月にかけてはダニの巣窟となります。

今回の実験は、6月初旬の中部日高コイカクシュサツナイ岳で行うこととし、登山クラブのTさんに協力をお願いしました。

コイカクシュサツナイ岳の笹ヤブ。

使用する高濃度虫よけスプレーは、

  • ムヒ ムシペールPS30(ディート含有30%)
  • フマキラー 天使のスキンベープミストプレミアム(イカリジン含有15%)

の2つにしました。

虫よけスプレー

使用した虫よけスプレー。天使のスキンベープ(左)、ムシペールPS30(右)

ディート30%のスプレーとイカリジン15%のスプレーは、虫よけ効果が同等ということになっていますが、両者がマダニに対して実際に忌避効果があるのかどうか、また、どちらが効果が高いのかについて実験してみることにします。

イカリジンの虫よけスプレー

携帯型 天使のスキンベープ 虫よけスプレー ミストタイプ プレミアム 60ml(約400プッシュ分)

虫よけスプレー

携帯型【第2類医薬品】ムヒの虫よけムシペールα30 60mL

実験方法

服装は、筆者、Tさん共に、登山服の上にマダニの付着防止のため、薄手のナイロンヤッケ(ズボン)を着用します。

ナイロンヤッケのズボンを着用。

往路は、

  • 筆者 :虫よけスプレーなし
  • Tさん:天使のスキンベープを全身にたっぷり噴霧

復路は、

  • 筆者 :ムシペール30PSを全身にたっぷり噴霧
  • Tさん:天使のスキンベープを全身にたっぷり噴霧

とし、先頭を歩く者にダニが付きやすい場合があるので、ダニの付着に差が出ないよう、約15分おきに先頭を交代しながら歩くことにします。

天使のスキンベープを噴霧。

ムシペールPS30を噴霧。



実験の経過

往路

上二股(640m)から夏尾根1305m付近までは特に笹が多く、この区間(約2時間)、両者とも集中的にダニが付着しました。

登行中、見える範囲で付着したダニの数をカウントした結果は次のとおりです。

  • 筆者(虫よけスプレーなし)            20匹
  • Tさん(天使のスキンベープを全身にたっぷり噴霧) 20匹

往路、筆者のズボンに付いていたダニ。

往路、Tさんの軍手に付いていたダニ。

復路

復路についても、夏尾根1305m付近から上二股(640m)までの区間(約1時間)、両者とも集中的にダニが付着しました。

下山中、見える範囲で付着したダニの数をカウントした結果は次のとおりです。

  • 筆者(ムシペール30PSを全身にたっぷり噴霧)  10匹
  • Tさん(天使のスキンベープを全身にたっぷり噴霧) 18匹

復路、筆者の軍手に付いていたダニ。

復路、Tさんのズボンに付いていたダニ。

 

衝撃の実験結果~ダニが多い場所では高濃度虫よけスプレーはほぼ効かない

実験結果をまとめますと、天使のスキンベープ(イカリジン15%)を使用した場合と、虫よけスプレーなしの場合でダニの付着に差が出ませんでしたので、今回のようにダニが異常に多い場所ではイカリジンはダニに対してほぼ忌避効果がないと言えそうです。

イカリジン自体は効能にマダニへの忌避効果が記載されていますので、実験の方法を変えれば結果も違ってくるのだと思いますが、ダニの多い季節の笹ヤブの中では効果はほどんど感じられないという結果が出ました。

次に、ムシペールPS30(ディート30%)と天使のスキンベープ(イカリジン15%)の比較実験ですが、ムシペールPS30が10匹、天使のスキンベープが18匹ということですので、ディートの方がマダニへの忌避効果が若干高いと言えそうですが、全身にたっぷりと噴霧しているのに、マダニが10匹も付着していることを考えると、ディートについてもダニの多い場所では実効性のある忌避効果はないと言えます。



注意!ディートは化繊を変質させる

ムシペールPS30と天使のスキンベープについては、注意書きに「化繊、プラスチックなどに使用しない」と書いてあり、噴霧すると素材を変質させる可能性があります。

以前、ムシペールPS30をヘルメットに多めに噴霧して、プラスチックがざらついてしまったことがありましたが、今回、ナイロンヤッケにムシペールPS30を噴霧していた時に、多少多めにかかってしまい、ヤッケの表面が変質してしまいました。

ムシペールPS30の噴霧によりナイロンヤッケが変質した。

なお、天使のスキンベープについては、衣類の変質などはなく、問題なく使用できました。

ディート系の虫よけスプレーは、イカリジン系に比べ刺激が強いので、使用には注意が必要です。

 

ダニには虫よけスプレーよりもナイロンヤッケの着用が現実的

今回の実験では、ナイロンヤッケのズボンを着用しましたが、ヤッケのズボンに付着したダニが、ズボンから勝手に滑り落ちるという光景を何度も見ました。

これは、表面がつるつるした素材の衣類を着用することで、ダニの付着を少なくするというダニ対策のアイデアを参考にしたものなのですが、虫よけスプレーの使用よりもダニ対策には効果的です。

また、ダニが付着した部位については、多い順に、「軍手」「ズボン」「上半身」「ザック」でしたが、軍手ではなく革手袋など、摩擦の少ない手袋を着用することや、ザックにザックカバーを装着するなどで、更にダニが付着しづらくなるのではないかと思います。

上半身についても、本当はヤッケを着用すれば良いのですが、熱がこもりますので、暑い時には着用しない方が無難でしょう。

また、ヤッケのズボンの選定についても注意が必要で、薄くて通気性が良く、動きやすいようサイズに余裕を持たせたものが適しており、また色はダニがわかりやすいよう明るいカラーのものを選ぶようにします。

今回使用したヤッケのズボンは、プロノで購入したリップストップナイロンヤッケですが、見た目より熱がこもりづらく快適でした。


「プロノ」リップストップ「ファスナー付き」ストレートパンツ ウインドブレーカー 作業着 メンズ 農作業 *



まとめ

高濃度虫よけスプレーの使用は、登山のマダニ対策としては残念ながら満足のいく効果は得られませんでした。

先にも述べたように、ヤッケの着用でマダニを付着しずらくする、マダニが体に付いていないかどうか、定期的にチェックしながら歩く、休憩中、下山直後、帰宅後は衣類やザックなどにマダニが付いていないかどうかよく確認するなど、マダニに対して一定の警戒心を持つことが有効な対処方法になると思います。

帰宅後、ザックから這い出し床を歩いていたマダニ。






プロフィール

フリーライター。元船員、航海士。
学生時代に山岳部リーダーを経験し、阿寒、知床、大雪を中心に活動。
以来、北海道の山をオールシーズン、単独行にこだわり続け35年。
現在は主に日高山脈をフィールドにしている山オタクのライター。

※他サイトにおいて元山岳部部長を名乗る個人・団体が存在しますが、それらは当サイトとは一切関係ありませんのでご了承ください。



カテゴリー